決勝T進出の日本代表、森保監督「選手がハードワークしてくれた。結果が伴ってよかった」

コメント()
©Getty Images

アジアカップ2019のグループF第2節が13日に行われ、日本代表がオマーン代表に1-0で勝利。2連勝で3位以上を確定し、決勝トーナメント進出を決めた。試合後、森保一監督がインタビューに応じた。

日本は前半に原口元気ががPA内で倒され、PKを獲得。これを原口自身がきっちり決めて先制に成功した。後半はオマーンの堅守に苦しみ、反撃を受けるなど耐える時間帯も続いたが、原口の1点を守りきり、2連勝を飾った。

試合後、森保監督は2試合続きで苦しい戦いを強いられながらも、ハードワークをしてくれた選手に労いの言葉をかけた。

「選手たちが勝ってグループステージ突破を決めようということで、その気持ちを持ってハードワークしてくれて結果が伴ってよかったと思います。現地で応援してくれたサポーターの皆さん、テレビで応援してくださった方々に勝利を届けることができてよかったと思います」

「総力戦でこのアジアカップを戦っていくということで、できれば全員の選手を使いたいと言う気持ちで僕はいますし、選手もそういう気持ちでいると思うので、多くの選手を使っていきたいと思います」

「次の一戦に向けて勝利を目指して最善の準備をしていきたいと思います」

日本は次戦、17日に行われる最終戦で首位通過を懸けてウズベキスタンと対戦する。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
AFCが日本代表の塩谷司を特集…ウズベク戦スーパー弾は「ハイライトの一つになった」
次の記事:
昌子源が19日ニーム戦で仏デビューも?アウェー戦の遠征メンバー入り
次の記事:
アーセナルとチェルシー、就任1年目の両指揮官の評価は?ダービー前に番記者に聞いてみた
次の記事:
ロイス、バイエルンへの移籍を断固否定「絶対にない。約束できる」
次の記事:
アザール、レアル・マドリー移籍を決心か…思いは強く契約延長を拒否と報道
閉じる