決勝弾の宇賀神友弥が涙 「引退のヒラさんにカップを…。“次は宇賀神に託した”と言ってもらえるように」

コメント()
(C)Kenichi Arai

天皇杯全日本サッカー選手権大会の決勝、浦和レッズvsベガルタ仙台の一戦が9日に埼玉スタジアム2002で行われ、1-0で浦和が勝利した。試合後、決勝点を挙げた宇賀神友弥がコメントを残した。

12大会ぶり3度目の戴冠を狙う浦和と、初優勝を目指す仙台の一戦は、13分に宇賀神が見事なダイレクトボレーシュートを突き刺して浦和が先制。その後、一進一退の攻防となった試合だが、終盤にかけて攻めた仙台を振りきって浦和が逃げ切りに成功した。

リーグでは5位だった中、この優勝でAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を獲得した浦和。試合後、宇賀神は「クラブのレジェンドであるヒラ(平川忠亮)さんが引退するという特別な年でもありましたし、どうしても優勝してヒラさんにカップを掲げてもらいたいという気持ちがあふれ出ました。ヒラさんが安心して、“次は宇賀神に託したよ”と言ってもらえるようなゲーム、そしてゴールだったと思います」とコメント。11月に今季限りでの引退を表明した浦和一筋17年の平川忠亮への思いを語った。

また、見事なゴールについては、「形は練習していたので、決めることができて安心しています。自分でも素晴らしいと褒めてあげたいです」と満足感を示した宇賀神。「これが浦和レッズだと思うし、ホームの埼玉スタジアムで戦うということはこういうことだぞというのを対戦相手に見せつけることができたんじゃないかと思います」と、無失点の好ゲームで天皇杯を制覇したことを誇っていた。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
鳥栖、元日本代表FW金崎夢生と契約を更新「自分に出来る事を精一杯出して…」
次の記事:
スールシャールがリーグ戦4試合連続Gのラッシュフォードをべた褒め「リーグ最高のストライカーになれる」
次の記事:
クロップ、PL通算50ゴール達成のサラーを大絶賛「ワールドクラスの選手だ」
次の記事:
【活躍&低調選手がわかる選手採点】アーセナルvsチェルシーのMOMは…最低点は頑ななサッリと消されたジョルジーニョ
次の記事:
「とてつもなく怒りを感じる」サッリが“気持ちの入っていない”チェルシーに激怒
閉じる