歴史的勝利を挙げたイングランドのちょっといい話…デルフ一時帰国の理由とは?

コメント()
Getty Images
ロシア・ワールドカップでついにPK戦を制したイングランド。チームの一体感が、躍進の秘訣なのかもしれない。

3大会ぶりにワールドカップ準々決勝に進んだイングランド。今大会躍進の秘密は、チームの一体感にあるのかもしれない。

ロシア・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦で、コロンビアと対戦したイングランド。ハリー・ケインが先制弾を決めてリードを手にしたが、後半アディショナルタイムに同点弾を決められ、PK戦まで持ち込まれた。過去W杯でのPK戦では、3戦全敗。精神的な脆さを指摘され、EURO2016には専門の精神科医を帯同させるほど、PKでの戦いに苦しんでいた。

迎えたロシアでのPK戦。イングランドは3人目のジョーダン・ヘンダーソンが失敗し、リードされる。しかし、相手4人目がバーに当ててしまい追いつくと、5人目のカルロス・バッカのキックをGKジョーダン・ピックフォードが完璧にセーブ。最後はエリック・ダイアーが沈め、史上初めてPK戦を制した。

歴史的な勝ち上がりを決めたイングランドだが、躍進の秘密はチームの一体感にあるのかもしれない。

この試合で、MFファビアン・デルフは唯一ベンチ外となっていた。W杯では本登録メンバー全選手がベンチ入りできるが、提出されたシートには名前がなかった。ケガの心配もされていた28歳MFだが、どうやら第3子誕生に立ち会うため、イギリスに一時帰国していたようだ。

本人は自身のインスタグラムに以下のような投稿をしている。

「本当に驚くべき24時間だったよ。僕の兄弟たちが肉体的にも精神的にも厳しい戦うのを見て、選手やスタッフ、ファンと一緒に感動的になった。そして07:52、僕と妻、2人の娘たちは、この世界に新しい女の子を歓迎したんだ。僕が感じている幸せと感謝は言葉に出来ない……今からロシアに戻るよ」

なおデルフの一時帰国は、サッカー協会やギャレス・サウスゲイト監督、選手たちが後押ししたものだという。大会期間中に選手の離脱を許可するケースはそう多くはないが、チーム全体で選手の人生をサポートする姿勢が、今大会の躍進の秘訣なのかもしれない。

イングランドは、準々決勝で28年ぶりのベスト4進出を懸けスウェーデンと激突する。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
清水に打撃、昨季リーグ戦11得点のドウグラスが不整脈で一時帰国
次の記事:
吉田麻也「プレーをやりきることが重要」準々決勝からVAR導入、ベトナムに警戒心
次の記事:
日本代表、3月にコロンビア&ボリビアと親善試合で対戦
次の記事:
広島と鹿島が出場するACLプレーオフのキックオフ時間が決定
次の記事:
大迫復帰。アタッカー陣はベトナムの5バックを攻略し、攻撃を活性化できるか?/アジア杯プレビュー
閉じる