ニュース ライブスコア
日本

武藤嘉紀、日本代表での1トップ起用に手応え…今季マインツで得られた自信とは?

6:51 JST 2018/05/28
2018-05-28-muto

日本代表FW武藤嘉紀が新たな布陣、新たなポジションについて手応えを語っている。

日本代表は西野朗新監督の下で3バックを採用し、前線は1トップ2シャドーという形になった。代表ではサイドでのプレーが主だった武藤だが、この変更により1トップに入り、役割についてはこのように考える。

「やっぱりサコくん(大迫勇也)がやっていることですよね。1トップに入るときはしっかりと収めて、そこで簡単にはたいて。どういうことをやれというか、あそこのポジションは全部できないといけないので。あそこからプレスも始まりますし。裏にも抜けなければいけないし、かつ守備もしっかりとやらなければいけない。やることは多いですけど、こなせる自信はありますし、楽しみですね」

武藤は所属クラブのマインツですでに1トップは経験済み。「やること自体は変わらない」と話し、特にリーグ戦最後の数試合で自信も得られたと話す。

「世界を代表するようなDFとやっていても、前線でボールを取られる気がしなかったし、そこで自分らしいプレーができたことはかなり自信にもなったので。でも、やっぱり大舞台になれば、相手選手たちのモチベーションも変わってくると思いますし、また違う雰囲気でもあると思うので。やっぱり早くそこのピッチに立ちたいという思いはあります」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ