柏、清水からMF村田和哉を完全移籍で獲得「一番印象に残っているのはダービー戦でのゴール」

コメント()
©J.LEAGUE

柏レイソルは7日、清水エスパルスからMF村田和哉を完全移籍で獲得することを発表した。

村田は滋賀県出身の30歳。2011年に大阪体育大学からセレッソ大阪に加入し、2シーズンプレーした後の2013年に清水へ完全移籍した。2018シーズンの明治安田生命J1リーグでは7試合に出場して1得点を記録していた。

村田は柏の公式サイトを通じて、「歴史あるクラブの一員になれたことを嬉しく思います。布部GMと話をさせていただき、クラブのビジョンや熱意に心を動かされ、レイソルでプレーしたいという気持ちが芽生えました。また、ヘッドコーチの井原さんは同じ滋賀県出身で自分がプロサッカー選手を目指す一番のきっかけとなった選手でもあり、縁を感じています。自分のミッションは、J1昇格と、皆さんとレイソルをさらに魅力あるチームへと創り上げることです。レイソルのために全力を尽くしますのでどうぞよろしくお願い致します」と意気込みを語った。

また、6年間在籍した清水に対しては、以下のように感謝の言葉を述べている。

「セレッソ大阪を退団し、行く当てもなかった自分に、もう一度輝く場所を与えてくれたエスパルスには感謝してもしきれません。その時から自分はこのチームに恩返しすることだけを考え、行動してきました。サッカー王国という歴史を大切にし、そんな清水エスパルスの選手であることに誇りを持ち、ピッチ以外でも自分がエスパルスにできる全てのことはやってきたつもりです。

気づけば6年、エスパルスで過ごした日々の中で残留争いやJ2降格などさまざまな経験をしましたが、自分の中で一番印象に残っているのはダービー戦でのゴールです。皆さんと喜びあったこのゴールは一生忘れないでしょう。日本平という素晴らしいスタジアムで、最幸のサポーターと1つになり、右サイドを駆け抜けたことは僕にとってかけがえのない思い出です。どんな時も自分に期待し、熱い応援をしてくれたサポーターがいて僕は幸せでした。

正直エスパルスを離れることは考えていなかったし、エスパルス以外でプレーすることは想像していませんでした。しかし、柏レイソルからチャンスを頂き、30歳という1つの節目を迎えたこともあり、新たなドラマを創りたいという気持ちが強くなりました。チームを離れますが村田和哉の夢の続きを見守り、応援していただけると嬉しいです。僕がエスパルスに注いできた情熱はきっと後輩たちが引き継いでくれることと思います。6年間本当にありがとうございました。人生最幸!!」

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
川崎F、19シーズンも主将は小林悠!副主将も同じ3人で「あまり頼りになるキャプテンではないけど…」
次の記事:
相手を脅威に陥れた室屋&伊東の国内組右サイド。ウズベキスタン戦の槍は新たな武器となるか?
次の記事:
攻守で支えるロバートソン、リヴァプールと新たに5年契約…2024年まで延長
次の記事:
韓国紙が森保Jの決勝T苦戦を予想。自国の優勝へは期待感「イランと日本を避けた最高の組み合わせ」
次の記事:
51歳・中山雅史が契約更新「沼津の発展のために全力で貢献」…2012年以来のJ出場を目指す
閉じる