東京五輪世代の19歳・安部裕葵がベストヤングプレーヤー賞に!鹿島から歴代最多4人目

コメント()
©J.LEAGUE

Jリーグは13日、鹿島アントラーズFW安部裕葵が2018シーズンの「ベストヤングプレーヤー賞」に決定したと発表した。

「ベストヤングプレーヤー賞」は、今季最も活躍した若手選手に贈られる賞で、鹿島からの選出は新人王時代を含めて4人目。歴代最多となった。

受賞にあたり安部は「ベストヤングプレーヤー賞に選んでいただきありがとうございます。この賞は自分ひとりの力ではなく、チーム、先輩方、そして関係者の皆さまが僕をサポートしてくれたので受賞できたと思っています。僕をずっと支えてくれた家族にも、とても感謝しています」と喜びを表した。

そして「クラブワールドカップ出場のため、Jリーグアウォーズへの参加はできませんが、Jリーグを代表して戦ってきますので、皆さま応援よろしくお願いいたします」と、クラブW杯への声援を呼びかけた。

現在19歳の安部は、広島の瀬戸内高から17年に鹿島へ加入。同年4月1日のJ1第5節・大宮アルディージャ戦でプロ初出場を果たした。プロ入り後4試合目となった天皇杯2回戦のFCマルヤス岡崎戦で、プロ初ゴールを含む2得点を挙げ、強烈なインパクトを残した。リーグ初得点はJ1第19節のヴァンフォーレ甲府戦だった。

今季は開幕から先発出場を果たすなど主力選手として成長。リーグ、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)、天皇杯のカテゴリーで得点を記録。リーグでは22試合・1得点、全公式戦を含めると37試合で4ゴールをマークした。

また、安部はアンダー世代の日本代表でもコンスタントに活躍。10月から11月にかけて行われたAFC U-19選手権では10番を背負い、3試合に出場。チームの4強進出に大きく貢献した。

鹿島は12日に開幕したFIFAクラブワールドカップに出場するため、18日の年間表彰式「Jリーグアウォーズ」を欠席するが、負傷によりUAEに帯同していないFW鈴木優磨とMF三竿健斗が出席する予定となっている。

【2018年度 対象選手】

年齢:1997年4月2日以降に出生した者。
出場試合数:2018明治安田生命J1リーグ出場数が17試合以上。
過去に同賞および新人王を受賞した選手は対象外とする。
※2種TOP可または特別指定選手も受賞対象

【2018年度 対象選手一覧】

菅大輝(札幌)
椎橋慧也(仙台)
安部裕葵(鹿島)
橋岡大樹(浦和)
遠藤渓太(横浜FM)
齊藤未月(湘南)
杉岡大暉(湘南)
立田悠悟(清水)
菅原由勢(名古屋)
中村敬斗(G大阪)
郷家友太(神戸)
田川亨介(鳥栖)

【歴代ベストヤングプレーヤー賞 受賞者】

93年:澤登正朗(清水)
94年:田坂和昭(平塚)
95年:川口能活(横浜FM)
96年:斉藤俊秀(清水)
97年:柳沢敦(鹿島)
98年:小野伸二(浦和)
99年:中澤佑二(V川崎)
00年:森崎和幸(広島)
01年:山瀬功治(札幌)
02年:坪井慶介(浦和)
03年:那須大亮(横浜FM)
04年:森本貴幸(東京V)
05年:カレン・ロバート(磐田)
06年:藤本淳吾(清水)
07年:菅野孝憲(横浜FC)
08年:小川佳純(名古屋)
09年:渡邉千真(横浜FM)
10年:宇佐美貴史(G大阪)
11年:酒井宏樹(柏)
12年:柴崎岳(鹿島)
13年:南野拓実(C大阪)
14年:カイオ(鹿島)
15年:浅野拓磨(広島)
16年:井手口陽介(G大阪)
17年:中山雄太(柏)
18年:安部裕葵(鹿島)

※1993年から2009年までは新人王。2010年よりベストヤングプレーヤー賞と改称

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
大迫勇也の状態に言及した森保監督、大幅メンバー変更で3連勝へ「1位突破がオーストラリアを避けるということではない」
次の記事:
「少しの間嫌いになるかもね」アンリ、親友ヴィエラとの指揮官として初対決に意気込む
次の記事:
Y・トゥーレが「ピケの10倍良い」と絶賛する選手は?ベスト11にはなんとアタッカー6人!
次の記事:
セリエAの人種差別問題、伊サッカー連盟会長が厳しい対応へ…“即座に試合中断”を検討
次の記事:
アーセナルにこだます“不協和音”…敏腕スカウトが上層部と軋轢で退団か
閉じる