札幌FWヘイスが7月に契約解除…本人に海外移籍の意志固く「現在も交渉を継続」

コメント()
©J.LEAGUE
北海道コンサドーレ札幌がFWヘイスとの契約を7月23日で解除していたことを発表した。

北海道コンサドーレ札幌は30日、FWヘイスとの契約を7月23日付けで解除していたことを発表した。移籍先は未定で、クラブは「本人の所属先が決定しましたら改めてお知らせする」としている。

現在29歳のヘイスは2016年に札幌へ加入。初年度は明治安田生命J2リーグで24試合・7ゴールをマーク。翌年は左膝内側半月板損傷のケガに悩まされたが、昇格したJ1で12試合・6ゴールを記録していた。今季はここまで4試合に途中出場していたが、ゴールはなかった。

7月23日で契約解除となっていたのにも関わらず、発表が遅れたことについてクラブは「本人へ海外クラブからのオファーがあり、本人より海外クラブへの移籍の意思があり、契約解除と移籍先を同時にお知らせしたいという意図がありました」と説明。

その上で「現在も本人と海外クラブとの交渉を継続していますが、所属先が決まるまでには時間を要するとの判断の為、契約解除のみお知らせさせて頂き、今後、本人の所属先が決定しましたら改めてお知らせ致します」と今後について記した。

また、ヘイスはクラブ公式サイトを通じてお別れのコメントを残している。

「コンサドーレサポーターのみなさん、こんにちは。サポーターのみなさんとは、約2年半一緒に戦ってきましたが、チームを支えてもらったこと、自分を支えてもらったことを大変感謝しています。みなさんのおかげで、幸せな2年間をコンサドーレで過ごすことができました。本当にありがとうございます。きっとみなさんの事が恋しくて会いたくなると思いますので、いつかコンサドーレに戻ってこれたらと思います。本当にありがとうございました」

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
ユーヴェ指揮官、C・ロナウドのPK失敗に「実は朝の練習でも失敗だったんだ」
次の記事:
「数日前からイグアイン退団の雰囲気がある」ミラン監督代行がジェノア戦後に認める
次の記事:
昌子源が公式戦2試合連続フル出場…トゥールーズが延長PK戦を制しフランス杯16強進出
次の記事:
カタールからの関心も、中島翔哉の選択肢はあくまで欧州のみ…本人が明言
次の記事:
未だ行方不明のカーディフFW…古巣ナント指揮官ハリルも悲痛「最悪の事態だと思われる」
閉じる