本田圭佑にオーストラリア行きの話が浮上「獲得はイニエスタよりも現実的」と現地報道

コメント()
Getty Images
パチューカの退団が確実視されている本田に、Aリーグ行きの話が浮上しているとオーストラリアメディアが伝えた。

パチューカ(メキシコ)を退団することが確実視されている日本代表FW本田圭佑だが、ロシア・ワールドカップ終了後の新天地に、オーストラリアが選択肢として浮上しているようだ。

オーストラリアメディア『The Advertiser』など、複数の現地メディアが報じたところによると、オーストラリアリーグはアンドレス・イニエスタなども含めスター選手の獲得を画策しており、本田もその一人に名を連ねているという。

「オーストラリアは世界的なスター選手を求めており、TVの放映権収入の高騰も見込んでいる。そこで、元ミランのMFホンダもその一人と目される」

「31歳のホンダは最近、新しいチャレンジを公言して、メキシコのパチューカを離れることが確実視されている。新所属先はまだ未定だ。彼は日本代表として93キャップを刻み、ワールドカップでは2010年、2014年にプレー。2011年のアジアカップでは決勝でオーストラリアを下し、優勝を経験している。リーガMXでは29試合10ゴールの成績を残した」

オーストラリアのAリーグは集客力の向上のため、サラリーキャップ制の制限を受けずに年俸を設定できるマーキープレーヤー(marquee player)を各クラブ1人獲得可能となっており、もし本田がAリーグに移籍する場合は、この枠に該当するものと見られる。かつてはティム・ケーヒルが2016年にマーキープレーヤーとしてメルボルン・シティに加わった。

記事では「本田はかつてAリーグでプレーした小野伸二よりも輝かしいプロフィールを持っている。彼は獲得できる選手として、競争の激しいイニエスタよりもはるかに現実的だ」と本田のオーストラリア挑戦は十分にあり得るものだと伝えている。

17-18シーズンが終盤となり、今夏の移籍市場では本田圭佑、イニエスタがJリーグに移籍するのではないかとの報道も出ていた。しかし、オーストラリアのAリーグもどうやら移籍先候補の一つとして有力となっているようだ。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる