最新FIFAランクが発表!日本は60位のまま変わらず…W杯出場国では29番目

コメント()
5月17日に最新のFIFAランキングが発表された。

FIFA(国際サッカー連盟)は17日、最新のFIFAランキングを発表した。

日本代表は、前回と変わらず60位に。アジアでは、36位のイラン、オーストラリアの40位に次いで3番手につけている。ロシア・ワールドカップ出場国で、日本より下の順位は、韓国(61位)、ロシア(66位)、サウジアラビア(67位)のみとなっている。

なお、日本と同組のポーランドは10位、コロンビアは16位、セネガルは28位となっている。トップ10は変動がなかった。

トップ10は以下の通り。

1位 ドイツ
2位 ブラジル
3位 ベルギー
4位 ポルトガル
5位 アルゼンチン
6位 スイス
7位 フランス
8位 スペイン
9位 チリ
10位 ポーランド

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
C大阪、DF瀬古歩夢をプロ登録に変更…今季J3で12試合に出場
次の記事:
親日家デ・ロッシ「日本は大好き」敬遠されるタトゥーにも「伝統には敬意払わないと」
次の記事:
「ダービー」から「デルビー」へ…存在感失うも最高の“格式”を持つミラノ勢の直接対決
次の記事:
ロペテギはレアル・マドリーのモイーズか…課された“ジダン後”の困難なタス
次の記事:
降格圏に沈む鳥栖が指揮官交代…金明輝氏が昇格、フィッカデンティ監督は契約解除
閉じる