「最後の数分は時間を永遠に感じたよ...」ローマSD、バルセロナ撃破に満足

コメント()
Getty Images
チャンピオンズリーグで準決勝に進出したローマ

ローマのモンチSD(スポーツディレクター)は、バルセロナ撃破に満足感をあらわにしている。

ローマはチャンピオンズリーグ準々決勝でバルセロナと対戦。アウェーの第1戦を1-4で折り返したローマだが、ホームの第2戦で3-0と勝利を収め、アウェーゴールの差で準決勝進出を決めた。

モンチSDは試合後、スペイン『コペ』で次のように話している。

「我々は苦しむ術を心得ていた。バルサは一瞬でゴールを決めてしまう。最後の数分は、時間が永遠のもののように感じた」

また、ローマのエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督が敷いた戦術について、モンチSDは以下のように語った。

「前半を1-0で終える。それが我々のゲームプランだった。そして2点目が決まれば、自然に3点目は生まれると信じていた」

「我々は常にリスクを冒してきた。それがローマのプレースタイルだ。バルセロナでは1-4で敗れたが、我々は戦えるということを証明した」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる