最下位とスコアレスドローのナポリ、指揮官も失望「もっと早く心配すべきだった」

コメント()
(C)Getty images
ナポリのカルロ・アンチェロッティは、ホームで格下とドローに終わったことで問題点を指摘した。

ナポリの指揮官カルロ・アンチェロッティは、25日のキエーヴォ戦終了後イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、悔しさをにじませた。

リーグ戦で2位につけるナポリは25日、セリエA第13節で最下位のキエーヴォと対戦。ターンオーバーを採用してホームでの一戦に臨んだが、ゴールをこじ開けることができず。スコアレスドローに終わった。これにより首位ユヴェントスとの差は8ポイントに広がったほか3位インテルとの差は1ポイントに迫った。アンチェロッティは失望を隠せない。

「心配するべきか? いや、それを言うならもっと早く心配するべきだっただろう。水曜日の試合(28日のチャンピオンズリーグのツルヴェナ・ズヴェズダ戦)ではコンパクトに守る相手と再び対戦することになるので、良いテストになった」

「前半はすべてにおいて適切なインテンシティが足りなかったと言える。ビルドアップにしても、ボール奪取にしても、フィニッシュにしてもそうだ。今日の試合から頭を切り替えて水曜日に向けて準備していく。ターンオーバーをしすぎたか? 誰かに十字架を背負わせるつもりはない。もしそうしなければならないとしても、公の場でするつもりはない。問題は個人ではなく、試合への臨み方にあると思う」

続いて指揮官は、王者ユヴェントスとのスクデット争いについても言及。格下相手に勝利を逃したことで、ポイント差がさらに2ポイント広がったが、「ユーヴェとの差が8ポイントに? 順位については、前半戦終了後に評価するつもりだ」と述べた。

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
3月まで離脱のケインに続きデレ・アリも負傷…ポチェッティーノが重傷を否定せず
次の記事:
ブスケッツ、途中出場から勝利を導いたメッシを称賛「彼の登場で試合が完全に変わった」
次の記事:
バルセロナ、レガネス戦負傷交代のデンベレは左足首のねん挫…離脱期間は約1週間
次の記事:
槙野智章が語るウズベク戦のポイント「リスペクトしすぎても良くない」
次の記事:
長友佑都が語る日本代表でしか味わえない「ホクホク感」とは?ウズベク戦は「今後のターニングポイント」
閉じる