昨年40歳で引退のトッティ氏、ブッフォンのユーヴェ退団に「12カ月前を思い出す」

コメント()
Getty Images
1年前に40歳でローマを退団、引退したフランチェスコ・トッティ氏が、ユーヴェを退団するジャンルイジ・ブッフォンへメッセージを送った。

ローマで幹部を務める元イタリア代表のフランチェスコ・トッティ氏が18日、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』を通じて、ユヴェントスのGKジャンルイジ・ブッフォンへメッセージを綴った。

40歳のブッフォンは17日、本拠地のアリアンツ・スタジアムで記者会見に出席。今シーズン限りで17年間所属したユヴェントスを退団することを発表した。今後、移籍を選択するか、現役引退を選択するかについては、判断を保留している。

トッティ氏は昨年、40歳で現役引退を決断。昨シーズンの最終節ジェノア戦がセリエAにおけるラストマッチとなった。元ローマFWは、ユヴェントス退団という節目を迎える友人ブッフォンを特別な気持ちで見守っている。

■互いに切磋琢磨したトッティとブッフォン

「逆の立場にあったとき、僕はいつも気楽になれた。ユニフォームを脱ぐことを決断できずにいる頑固な僕に対し、いつも君なりの考えを伝えようとしてくれたね。キャリアを終えることは、僕にとって苦しくもあり、難しい決断だった」

「そして今、君はユヴェントスに別れを告げた。親愛なるジジ、まるで12カ月前の感覚がよみがえってくるようだ。君が明日、いつものスタジアムで、どんなことを感じるのか、僕が説明することはできない。そしてその後、現役続行もしくは引退を決断する際、どんなことが君の頭の中を巡るのかも分からない。対処に仕方は人それぞれだから」

「だがこの数日の間に、君はきっと自分の映画フィルムを取り出し、キャリアを振り返ることだろう。僕のストーリーには君が、君のストーリーには僕が登場しているんだと思うと素敵だね。出会ったのは、まだお互い子供の頃だった。少しずつ成長し、大人になり、キャプテンになった。2人で一緒にアッズーリのユニフォームのために戦った。そしてそれぞれクラブのためにも戦った。僕はジャッロロッソ(黄・赤:ローマのこと)、君はビアンコネーロ(白黒:ユーヴェのこと)のために」

「すべてを順序良く振り返ることは難しいが、興奮の渦はあふれ出てくる。あのワールドカップの夜のこと。ベルリンの空へ掲げた優勝トロフィー、僕らの抱擁。それらに紛れて、あのクッキアイオや、君のゴールに突き刺さった僕のシュート、君のセービング(手加減してくれても良かったのに!)などを思い出す。僕のライバル、同僚でいてくれて、ありがとう」

そして最後に、「追伸、この数日、もし僕のアドバイスが必要だったら、電話をくれ。君のためなら僕はいつでも応じる」と締めくくっている。

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる