日本代表MF森岡亮太、結果出せなかったマリ戦も「もうちょっと」を強調

コメント()
(C) Getty Images
日本代表MF森岡亮太が、思い通りに行かなかったマリ代表戦での攻撃を振り返った。

日本代表MF森岡亮太(アンデルレヒト/ベルギー)は、「もうちょっと」、「ちょっとしたところ」といった言葉を多用して、悔しさを表現した。

23日にスタッド・モーリスデュフラン(ベルギー)で行われた国際親善試合・マリ代表戦で、先発出場を果たした森岡。「もうちょっと、っていう感じが多かった。クロスがもうちょっといいタイミングで合えば、シュートまで行けた。そういう、ちょっとしたところ。チームとしていいイメージで攻撃できてなかった」と感じている。

自身も含め、現在の代表メンバーは決して固定されてはいない。毎回顔ぶれが変わる中でチームの意識をすり合わせるのは、非常に難しい。森岡も「相手うんぬんというよりは、自分たちがうまく回ってなかった」と、自分たちの問題だったと語った。

日本代表は27日、同会場にてウクライナ代表と対戦する。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる