日本代表DF長友佑都「今だからこそできることがある」…被災地の小学校を訪問

コメント()
(C)Getty Images
日本代表DF長友佑都が、仙台の小学校を訪問した。

日本代表DF長友佑都が7日、東日本大震災の被災地・仙台の小学校を訪問した。自身のツイッターに、その模様を投稿している。

長友はツイッターに「仙台の子供たちに会いに行った。時間が経っても被災した日を忘れることはなく、心の傷が癒されることもない。それでも前に進む強さ、生き様にまた心が動かされた。自分自身がどれだけ幸せか思い知らされた。風化させてはいけない。今、自分にできることを。今だからこそできることがある」と投稿。

その投稿には、小学校のグラウンドで生徒とともに撮影された集合写真や、花束を持ち海を眺める様子などが添えられた。

東日本大震災から7年。6日の夜にはTV番組に生出演するなど、ロシアW杯から帰国後もハードなスケジュールをこなしているが、未曽有の災害を忘れることはないようだ。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
日本代表、3月にコロンビア&ボリビアと親善試合で対戦
次の記事:
広島と鹿島が出場するACLプレーオフのキックオフ時間が決定
次の記事:
大迫復帰。アタッカー陣はベトナムの5バックを攻略し、攻撃を活性化できるか?/アジア杯プレビュー
次の記事:
長友佑都、ベトナム戦の苦戦を予想「彼らは永遠に走れるんじゃないか…」
次の記事:
激突するミランとナポリ、現地記者が選ぶ両クラブの今季ベストプレイヤーは?
閉じる