日本代表、史上初W杯8強ならずも世界に驚き…英解説陣「後半の変化は印象的」

最終更新
コメント()

日本代表は世界を相手に堂々たる戦いを見せ、ワールドカップで惜しくも敗退となったが、高く評価される試合を見せてくれた。

日本はロシア・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦でベルギーと対戦。原口元気と乾貴士によるスーパーゴールで先制しながら、3失点を喫して悲願のベスト8進出はならなかった。

それでも、英『BBC』で解説を務めた元ドイツ代表FWユルゲン・クリンスマン氏は日本代表の戦いぶりを評価。同時に終盤のプレーがもったいなかったとも話している。

「日本は後半、控え室から出てきて、前に出るようになったのは印象的な変化だった。特に最初のゴールはトップクラスのカウンターだった」

「日本は最後の2分間を後悔しているだろうね。全員を前に出し、オープンになっていた。94分頃、選手たちは疲れ、延長戦を考えていたようだ。それがミスを起こしてしまった」

また、イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏はケヴィン・デ・ブライネとマルアン・フェライニの働きを評価。特に後者に関しては「好きな人も嫌いな人もいるだろうが、彼は効果的だった。DFを難しくし、敵陣のいたるところでボールにアタックしていた」と称賛している。

惜しくも史上初のベスト8進出はならなかった日本だが、世界を驚かせ、同時に沸かせた。胸を張って帰ってきて欲しいところだ。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
ナポリ会長、ユーヴェに負け惜しみ?「あの収入があれば私だって優勝10回できる」
次の記事:
マンチェスター・Cでもインビンシブルは無理?フェライニが宿敵を称賛も…
次の記事:
ローマSDモンチ氏、セリエA審判団のトップレベルの質に満足「心を奪われるほど」
次の記事:
天皇杯準決勝が12月5日、決勝は9日に変更…鹿島のクラブW杯出場で
次の記事:
鹿島が2大会ぶり天皇杯準決勝進出!苦しみながらも土居の決勝弾で甲府に完封勝ち
閉じる