日本代表、井手口陽介のバックアップメンバー離脱を発表…理由はクラブの事情

最終更新
コメント()
W杯日本代表メンバーに帯同していたMF井手口陽介が離脱することになった。

日本サッカー協会(JFA)は13日、ロシア・ワールドカップに臨む日本代表のバックアップメンバーとして、チームに帯同していたMF井手口陽介が、クラブの事情のために離脱することを発表した。

井手口は、昨年6月7日に行われたキリンチャレンジカップのシリア戦でA代表デビュー。その後、ヴァイッド・ハリルホジッチ前体制の日本代表に定着し、8月のロシアW杯アジア最終予選のオーストラリア戦では、6大会連続6度目のW杯出場を決定づける豪快なミドルシュートを叩き込んだ。

代表での活躍も合って今年1月にガンバ大阪から、イングランドのリーズ・ユナイテッドに移籍することが決定。今季はスペイン2部のクルトゥラル・レオネッサに期限付き移籍することとなった。スペインではデビュー戦こそ存在感を示したが、その後出場機会が激減。

3月のベルギー遠征にも招集されず、結局W杯メンバーの予備登録メンバーに入ったものの、最終メンバー入りは叶わなかった。落選した浅野拓磨とともにバックアップメンバーとしてチームに帯同していたが、今回リーズの事情により、ロシア入りを前に離脱することになった。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
カバーニ、ネイマールとの確執書き立てるメディアに嫌気「君らは何もないところから作り出す」
次の記事:
J1は5人の外国籍選手が出場可能に。Jリーグ、ホームグロウン制度の導入と外国籍選手枠の変更を発表
次の記事:
監督として初勝利を挙げた本田圭佑、選手として手にする白星との違いを語る…
次の記事:
J2初優勝の松本山雅、反町康治監督の続投を発表「再び挑むJ1の舞台でチャレンジ精神を持って」
次の記事:
代表初先発の守田英正、キルギス戦でチーム最多のタッチ、パス、タックル数を記録…森保体制で最高のデュエル勝率も
閉じる