日本代表とベルギー代表の一戦はセネガル審判団に…GLで2試合担当

コメント()
(C)Getty Images
日本代表とベルギー代表の一戦を担当する審判団が決定した。

国際サッカー連盟(FIFA)は6月30日、7月2日に行われる決勝トーナメント1回戦、日本代表とベルギー代表の一戦を担当する審判団を発表した。

この試合で笛を吹くのは、セネガルの審判団。マラン・ディエディウ主審、ジブリル・カマラ副審、エル・ハジ・サンバ副審が、試合を裁くことになる。また、第4審判にはガンビアのバカリ・パパ・ガサマ氏が指名された。

ディエディウ主審は2018FIFAワールドカップ・ロシアでグループリーグ2試合、6月17日のコスタリカ代表対セルビア代表、25日のウルグアイ代表対ロシア代表を担当している。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる