日本代表で背番号11を着用の浅野拓磨「代表でですか? 知らなかった」 ジャガーポーズ実行については…

コメント()
(c)Tomoo Aoyama
浅野拓磨は5日の練習後、背番号などについてコメント。

ハノーファーに所属する浅野拓磨が、5日に行われた日本代表練習後に報道陣の取材に応対した。

同日に日本代表メンバーの背番号が発表され、浅野は11番のユニフォームを着用することが決まった。クラブと同様の番号となることが決まったことについて、浅野は「代表でですか? 俺、全然知らなかったです(笑)」とその場で初めて知った様子で、「11という番号は個人的に好きな番号。特に意識するわけではないですけど、それにふさわしいプレーっていうのは絶対にしていかないといけない。でも番号だけじゃなく、ここにいるだけでも意味があること」と、背番号に意識をとらわれず、ピッチ上で結果を残すことを見据えた。

また、サンフレッチェ広島時代に指導を受けた森保一監督が採用する3-4-2-1のシステムを理解している浅野は「僕がシャドーのポジションなのか、最前線で使われるかは分からないです。でも、やはりスペースへの飛び出しであったり、自分の特長をしっかり生かすことはポジションにかかわらず求められているところ」と、いずれのポジションでも自身の持ち味であるスピードを発揮できると主張した。

最後に、自身のゴールパフォーマンスである“ジャガーポーズ”について問われると、「それはどうなるか、未来は自分にも分からないです。できればいいかなと思います」と話した。日本代表は今回のキリンチャレンジカップでチリ代表(7日/札幌ドーム)、コスタリカ代表(11日/パナソニックスタジアム吹田)と対戦。浅野が代表で久々の“ジャガーポーズ”を見せることができるか注目だ。 

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
難敵ライプツィヒを下したドルトムント、首位キープに指揮官も満足
次の記事:
超一級品のゴールで4試合連続弾のラッシュフォードにクラブ重鎮は「信じがたい才能」「世界最高選手の一人になれる」
次の記事:
インテルCEO、イカルディの残留を確信「問題はいつサインするかだけ」
次の記事:
アーセナルレジェンド、ラムジーのユーヴェ行きは「吐き気を催す」 クラブを批判
次の記事:
カーディフ、クラブ史上最高額でナントからストライカー獲得…今季リーグ・アンで12ゴール
閉じる