日本代表が2019年コパ・アメリカに参戦へ…CONMEBOLが招待国を発表

コメント()
Getty Images
日本代表は1999年大会以来2回目の出場となる。

日本代表が、来年ブラジルで行われるコパ・アメリカに招待されることが分かった。

南米サッカー連盟(CONMEBOL)は4日、2019年のコパ・アメリカに日本とカタールを招待することを発表。日本は1999年にパラグアイで行われた同大会に参戦しており、今回が2回目の出場となる。一方、2022年のワールドカップを開催するカタールは初の出場となる。

CONMEBOLは、1993年から北中米の国を中心に同大会へ招待していたが、2019年大会では南米10カ国に加えてアジアから2カ国を招待することを決めた。この理由について「CONMEBOL主催大会に参加することでアジアサッカー連盟に大きな利益がある。さらに、南米サッカー連盟は世界中のサッカーの発展に尽力したい」と声明を出している。

なお、12カ国により争われる2019年コパ・アメリカは、来年6月14日から7月7日にかけて開催される予定だ。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる