“日本の宝石”中島翔哉は52億円…リーガ首位のセビージャが獲得へ具体的オファー提示か

コメント()
(C)PORTIMONENSE SAD
セビージャが中島翔哉への関心を強めているようだ。

セビージャが、ポルティモネンセに所属する日本代表MF中島翔哉の獲得に動く可能性が出ているようだ。ポルトガル『レコード』が報じた。

ポルトガルでの好調ぶりにより、中島に関してはシャフタール・ドネツクやフランクフルト、マジョルカらとともにセビージャからの関心が伝えられてきた。中島を“日本の宝石”と称する同メディアの報道によれば、セビージャは昨シーズンから中島のパフォーマンスを注視。セビージャのスタイルに適応すると見込まれたようで、具体的なオファーを提示する可能性が伝えられている。

日に日にその価値を高めている中島に関しては、ガラタサライやボルドーなども興味を示しているという。そして、昨シーズンにリーグ29試合で10ゴール12アシストを記録した中島の契約解除金は既に4000万ユーロ(約52億円)に再設定されたとみられている。中島は今シーズンもここまで、リーグ7試合で4ゴール3アシストと結果を残している。

セビージャは今シーズン、リーガ・エスパニョーラの8試合で勝ち点16を積み重ねて首位を維持。冬のさらなる強化に向けて中島を指名するのだろうか。現地メディアでは、出場が見込まれる16日のキリンチャレンジカップ、ウルグアイ戦でのパフォーマンスに関しても注目されている。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
ポゼッション率は1998年以来最低の「23.7%」…データが示す森保ジャパンの“大苦戦”
次の記事:
アーセナルDFベジェリンに悲劇…前十字じん帯断裂で最大9カ月の長期離脱へ
次の記事:
森保ジャパンの“若年寄”。サウジ戦殊勲の20歳、冨安健洋が見せたポテンシャル
次の記事:
バルセロナ加入のボアテング、レアル贔屓の発言は「もう過去のこと。次のクラシコでゴール決めたい」
次の記事:
「本来ならボールを握りたいが…」森保監督、耐え忍んでの勝利に「1つのオプションができた」
閉じる