新生・日本代表。森保ジャパン23人の顔ぶれから見えるもの

コメント()
(C)Getty Images
日本サッカー協会(JFA)は8月30日、9月のキリンチャレンジカップ2試合(7日・チリ戦、11日・コスタリカ戦)に臨む日本代表メンバー23人を発表した。

森保一日本代表監督の初陣となる9月の親善試合。同監督が兼任するU-21日本代表がアジア競技大会に参加中のため、インドネシア・ボゴール市内からのメンバー発表となった。

新メンバーの平均年齢は25.3歳、ロシアW杯開幕戦が28.3歳と3歳若返り、17人が入れ代わった。ここではロシア大会、そしてこのアジア大会を現地で密着取材する飯尾篤史氏に、継続や世代交代、今後の強化プランなど、23人の顔ぶれから見えるものを読み解いてもらった。

■世代交代と東京五輪世代の強化

2018_8_30_hajime_moriyasu2

▲インドネシア・ボゴール市内で会見に臨んだ関塚技術委員長(左)と森保監督

4年後のカタール・ワールドカップでの躍進を目指す新生・日本代表のメンバーは、まさに日本人監督ならでは、の選考という印象だ。

過去最高となる平均年齢28.3歳のメンバーでロシア大会を戦った日本代表にとって世代交代は急務であり、2年後のオリンピックに向けて東京五輪世代の強化にも取り組まなければならない――。

こうした日本サッカー界が置かれている状況を、森保一監督はしっかりと理解していた。だから、ロシア大会で主力だったベテランを呼ばず、DF佐々木翔(サンフレッチェ広島)、DF冨安健洋(シントトロイデン/BEL)、MF伊藤達哉(ハンブルガーSV/GER)、MF堂安律(フローニンゲン/NED)といった初招集組を含むフレッシュなメンバーを選考したのは納得がいく。

会見に同席した関塚隆技術委員長が「森保監督もロシア大会のラージグループの選考に関わっていた」と明かしたように、ワールドカップへのメンバー入りが期待されながら最後に漏れたFW浅野拓磨(ハノーファー/GER)やMF三竿健斗(鹿島アントラーズ)、MF中島翔哉(ポルティモネンセ/POR)、DF車屋紳太郎(川崎フロンターレ)、FW小林悠(川崎フロンターレ)、FW杉本健勇(セレッソ大阪)がしっかりと名を連ねたあたりには、前体制からの継続性や繋がりが感じ取れる。

ラージグループに入っていたはずのFW久保裕也、MF井手口陽介は今回の選考から漏れたが、久保はヘント(BEL)からニュルンベルク(GER)に、井手口はリーズ(ENG)からグロイター・ヒュルト(GER)に移籍したばかり。「欧州のシーズン開幕という時期も考慮した」と森保監督は語っているため、クラブに専念してほしい、という配慮だろう。

■各ポジションに教え子が一人ずつ

指揮官の教え子がDF、MF、FWと各ポジションに一人ずつ選ばれているのも興味深い。

森保監督は「A代表と五輪代表のコンセプトは同じ」と語っているため、サンフレッチェ広島や東京五輪代表でお馴染みの3-4-2-1の可変システムがA代表でも採用されるはずだ。広島で指導した佐々木、MF青山敏弘(サンフレッチェ広島)、浅野の3人は、今回招集されたチームメイトが指揮官の戦術への理解を深めるうえで、重要な役割を担うに違いない。

また、アジア大会の決勝に勝ち進んだ東京五輪代表のメンバーを大会後に追加招集する可能性についても示唆。

「若い選手の底上げを図って力をつけてもらい、日本のサッカーのレベルアップを、ということで(監督を)兼任しています。決められた枠の中でも可能性のある、力のある選手を招集するのはもちろん、いろんな刺激を受けて成長につなげられるような環境づくりもできれば」と追加招集へ含みをもたせた。

アジア大会ではFW岩崎悠人(京都サンガF.C.)、FW前田大然(松本山雅FC)、DF杉岡大暉(湘南ベルマーレ)らチームコンセプトを理解したうえで個性を発揮し、決勝進出という結果も残した。すでにキリンチャレンジカップのメンバーとして23人を選出しているが、A代表の空気に触れさせる意味でも2、3人の追加招集があってもいい。

2018-08-27-asiangames-japan-saudi-maeda-daizen

▲アジア大会で力強さを見せている前田大然(松本山雅FC)

■欧州組はあえて招集を見合わせたか

今回、DF長友佑都(ガラタサライ/TUR)やMF香川真司(ドルトムント/GER)、DF吉田麻也(サウサンプトン/ENG)ら長らく日本代表を支えてきた選手たちがメンバーから外れたが、「このメンバーでずっといくわけではない」と森保監督も語ったように、彼らはもうお払い箱というわけではない。

今は新しい選手に経験を積ませたい、欧州組を親善試合で毎回呼んでいては消耗してしまう、という考えから招集を見合わせたに違いない。来年1月にUAEで開催されるアジアカップのメンバーに彼らが名を連ねていておかしくないし、来年9月からスタートするワールドカップ予選のタイミングで復帰する可能性もある。

ロシア・ワールドカップの日本代表に夢中になったファンからすれば、もしかすると物足りないメンバーかもしれない。

たしかに45キャップのMF山口蛍(セレッソ大阪)、33キャップのDF槙野智章(浦和レッズ)を除けば、ほとんどの選手の代表キャップはゼロかひとケタ台だ。

顔ぶれは一気に変わったが、日本サッカーの未来を考えればとても魅力的で、可能性に満ちたメンバーだと思う。

文=飯尾篤史

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
セリエAの人種差別問題、伊サッカー連盟会長が厳しい対応へ…“即座に試合中断”を検討
次の記事:
アーセナルにこだます“不協和音”…敏腕スカウトが上層部と軋轢で退団か
次の記事:
「これからもPSGとともに…」カバーニ、チェルシー行きが報じられるもフランスで幸せと強調
次の記事:
“ヴェンゲルの子供達”による指揮官対決!ヴィエラ、盟友アンリとの対戦に「奇妙な感覚」
次の記事:
CLベスト16で対戦する蘇ったマンチェスター・Uを警戒も…カバーニが自信「僕たちだって良くなっている」
閉じる