新国立のこけら落としは2020年元日の第99回天皇杯決勝に決定!

コメント()
2020年の天皇杯元日決勝が、新国立競技場のこけら落としに。

日本サッカー協会(JFA)は11日、2020年の元日に開催する第99回天皇杯全日本サッカー選手権大会の決勝会場が、現在建設中の新国立競技場で行うことを発表した。

JFAによると、国立競技場での天皇杯決勝は第93回大会以来6年ぶりで、東京都内での開催は第95回大会の味の素スタジアム以来4年ぶりとなる。新国立競技場での開催にあたり、2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックの運営準備に向けての組織委員会におけるオペレーションの確認も行われる予定だ。

同競技場は、2019年11月末に完成を予定しており、翌年の元日に行われる天皇杯決勝が、新国立のこけら落としとなる。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
マルセイユ酒井宏樹、今季初ベンチ外の理由は内転筋負傷…ELラツィオ戦にも欠場か
次の記事:
レアル内部は緊張?マルセロが記者の質問に激怒し口論「妬みか知らないが…」
次の記事:
期待とは裏腹に苦しい戦いが続くリヴァプール…クロップ「日々改善しなければならない」
次の記事:
苦境続く香川真司…UEFA、ブンデス公式ともにアトレティコ戦の先発予想に名前なし
次の記事:
敵地でのマンチェスター・U撃破に満足のアッレグリ「良い試合を演じた我々が勝利に値した」
閉じる