批判にさらされるエメリをネヴィル氏が擁護「移行期には多少の痛みを伴う」

コメント()
Getty Images
厳しいスタートになったアーセナルだが、元イングランド代表DFがエメリ監督を擁護している。

批判にさらされているアーセナルのウナイ・エメリ監督を、英『スカイスポーツ』の解説を務めるギャリー・ネヴィル氏が擁護している。

今季から22年間率いたアーセン・ヴェンゲルの後を引き継ぎ、アーセナルの指揮を執るエメリ監督。しかし、開幕戦のマンチェスター・シティ戦を0-2で落とすと、続くチェルシー戦は2-3と惜敗。この連敗で、大きな批判にさらされている。

しかし、ネヴィル氏はエメリ監督を擁護。「移行期には多少の痛みを伴う」との見解を示している。

「ウナイ・エメリは10年近く監督として成功してきた。自身の考えを持っており、選手たちは彼に適応しなければならない。この最初のシーズンでは、どの選手が適応できるかできないのか、見つけなければならない」

「もちろん、試合を落とすことになるだろう。この移行期の中で、アーセナルが前進していくには多少の痛みを伴うことになる」

「私は、バレンシアでの大きな学びの中でこれを知っている(編注:2015年12月に途中就任したが、成績不振で翌年3月に解任)。何かを得ようとしたが、結果を得ることはできなかった。適応を試み、自分のアイディアで様々なことをやろうとしたが、職を失った」

元イングランド代表監督でもあるサム・アラダイス氏は、マンチェスター・C戦の采配を「愚かだ」と糾弾していた。これに対し、ネヴィル氏は反論している。

「もし1つのアイディアで取り組み、それが長引いてしまうと、選手の心のなかに混乱が生じ始める。サム・アラダイスのコメントを見たが、ウナイ・エメリは降格を避けるために5試合で8ポイントを得ようとしているわけではない」

「タイトルを獲れるチームを作ろうとしているんだ。私の経験では、悪いことがあった後にすべきことは、変化と適応だ。選手たちは彼とともに進んでいくわけだからね」

2試合で勝ち点「0」と、厳しいスタートになったアーセナル。次節は25日、本拠地エミレーツ・スタジアムでウェスト・ハムと対戦する。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
リヴァプール、サラー2発などで首位堅持…C・パレスとの計7発の打ち合いを制す/プレミアリーグ第23節
次の記事:
ベルナベウの驚異的な後押しからカセミロ&モドリッチ弾炸裂…レアル・マドリー、強敵セビージャ下して3位浮上!
次の記事:
ラッシュフォード4戦連続弾のマンチェスター・U、監督交代から公式戦7連勝! ポグバは直近5戦5発/プレミアリーグ第23節
次の記事:
デュッセルドルフ、敵地で貴重な勝ち点3…宇佐美と交代のFWが決勝点
次の記事:
長谷部フル出場のフランクフルト、魅惑のトリオが揃い踏みで後半戦3発白星スタート
閉じる