「才能は無視できない」スペインメディア、日本は“格下”も、欧州組の実績に注目

コメント()
Getty Images
スペインメディアがロシアW杯に臨む日本代表について紹介した。日本はH組で最も格下と評しながらも、ヨーロッパで実績のある選手たちの活躍によっては“サプライズ”を起こす可能性があると見ているようだ。

2018FIFAワールドカップ・ロシアに挑む日本代表について、スペインメディアが分析している。

スペイン『ABC』は「サムライブルーはロシアで誇りを守れるか」というタイトルで、日本代表について次のように伝えた。

「ロシアW杯において、日本はグループHの中で最も格下のチームと目される。それでも、日本が抱えている才能は無視できるものではない」

「西野朗監督に変わり、ロシアW杯を前に決して順調な状況ではない中、自分たちの信じるスタイルを磨こうとしている」

その一方で「明らかに弱点があるものの、アジアの代表チームとして、6大会連続でW杯に出場しており、もはやW杯常連チームの1つとなった。また、ヨーロッパのクラブで実績を残している選手が多数いることもあり、チームとしての質も向上している。サプライズを巻き起こす可能性があるかもしれない」と報道。中心選手としては本田圭佑、乾貴士、長友佑都の3人をピックアップし、次のように紹介している。

「本田圭佑は日本にとってコンパスのような存在。日本はミランで3年間プレーしたこのレフティーへの依存度が高い。パチューカのMFは試合において優れたプレービジョンを持っていて、プレースキックの場面では、そのキックは貴重な武器になるだろう」

「乾貴士は本田にとって、最高の味方の1人と言える。ロシアW杯においては、攻撃をリードする1つのポイントとなるだろう。創造性にたけ、足下のテクニックが優れていることもあり、相手守備陣にとって脅威の存在となる。彼はエイバルでも実績を残し、すでにベティスへの移籍を決めている」

「長友佑都は右利きだが、左サイドバックで実績を残している。90分間に渡ってフィールドを上下動し、攻撃面でも守備面でもチームに多大な貢献を果たす。彼は攻撃面でもアシスト能力が高く、攻撃参加にためらいを見せない。この日本人はインテルで長らくプレーしている」

ミランとインテルで実績のある本田と長友、またスペインでプレーしている乾の3人。これもスペインメディアならではのチョイスとなっているようだ。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる