「戻るのはトップの仕事のみ」フリーのクリンスマン、複数オファーを拒否していたと告白

コメント
日本代表監督就任のうわさもあったクリンスマンだが…。

現在、フリーの元ドイツ代表指揮官、ユルゲン・クリンスマンがロシア・ワールドカップを前にいくつかのオファーを断っていたことを明かした。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』が報じている。

クリンスマンは過去にドイツ代表やアメリカ代表を指揮。2014年のブラジル・ワールドカップではアメリカを指揮してベスト16に導いた。現在はフリーの状態だが、仕事に戻る場合はトップの職に限るようだ。

「ロシア・ワールドカップの前にも、4~5チームから打診があった。しかし、彼らの目標はグループステージを生き残ることが目標だったので、断ることにした。2014年にアメリカ代表で達成したことだ。今の私にとって十分な目標ではない」

「戻るとしたら、ワールドカップの準決勝に進むことを目標としているような協会だ。こういったアプローチがなかったとしても、家庭的な理由があるし、気にすることはない。娘は学校に通っており、来年からは大学だ。状況は変わるからね」

ロシア・ワールドカップ予選終了後、そして本大会前にはスペインや日本、韓国、サウジアラビアなどが監督交代を決断した。この中のいくつかが打診したと予想するのが妥当なところで、“クリンスマンジャパン”がロシアで実現する可能性もあったのかもしれない。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
ノイアー、フランス戦へ意気込み十分…先発落ち求める声にも「僕はトップの状態」
次の記事:
名将アンチェロッティがムバッペを手放しで称賛「ただ足の速いだけの選手はごまんといるが...」
次の記事:
ドラクスラー、ドイツのプレーに失望…「これが続くようならなかなか正しい道に戻れない」
次の記事:
本田ら指導の元ミラン監督、アジアでの指揮に意欲「イタリアは飽きた。新たな経験を」
次の記事:
スーパースターの苦悩...ボルト、度重なるドーピングテストの要請にうんざり
閉じる