岡崎慎司は最低評価…レスター地元メディアが公式戦10試合を終えての採点を発表

コメント()
岡崎のライバルは対照的に高評価を得た。

レスター地元メディアが公式戦10試合を終えての採点を発表…岡崎慎司は最下位タイの結果に

レスター・シティの地元メディア『レスターシャー・ライブ』が、今シーズンここまでの選手の評価を伝えた。

今シーズン、公式戦10試合を終えたレスター。プレミアリーグでは8節終了時点で4勝4敗の10位、カラバオカップでは4回戦進出を果たしている。試合ごとに選手たちをパフォーマンスを採点する同メディアは、10試合終了現在の採点を平均化して、選手各々の活躍を評価した。

ここまでカップ戦の2試合に先発出場し、リーグ戦では途中出場のみでいまだに先発なしとなかなかチャンスをつかめないでいる岡崎慎司は「5.5」で、キャプテンのウェズ・モーガンと並んでチームワースト評価に。パフォーマンス自体は今まで通りだが、他選手が活躍していることでチャンスを得られていないと評している。

「(ジェームズ)マディソンの加入と(ケレチ)イヘアナチョの台頭で、オカザキはカラバオ・カップの2試合のみの先発に留まっている。それでも彼は今までと同じように、時折鋭いタッチと連係プレーを見せ、時々倒れている」

一方で、ポジション争いのライバルと目されるマディソンは、「6.8」と6試合以上に先発した選手の中で最高点に。その他ベン・チルウェルは「6.6」、ハリー・マグワイア、カスパー・シュマイケルが「6.4」、イヘアナチョが「6.3」、ジェイミー・ヴァーディが「6」となっている。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
「長谷部誠らとの交渉を進めている」フランクフルトSD、ベテラン組との契約延長に言及
次の記事:
「プレッシャー?そのうち感じるかもね」ヘルタの19歳新鋭A・マイアーが明かすここまでの歩み/独占インタビュー
次の記事:
マルキージオが考える監督に向かない選手とは?「ボヌッチなら信じるけど…」
次の記事:
ダービーで失策の19歳ドンナルンマに元伊代表GKがエール「敗北は人を謙虚にする」
次の記事:
今季絶望...清水FWクリスランが右膝前十字靭帯損傷で全治8カ月と診断
閉じる