岡崎慎司は最低評価…レスター地元メディアが公式戦10試合を終えての採点を発表

コメント()
岡崎のライバルは対照的に高評価を得た。

レスター地元メディアが公式戦10試合を終えての採点を発表…岡崎慎司は最下位タイの結果に

レスター・シティの地元メディア『レスターシャー・ライブ』が、今シーズンここまでの選手の評価を伝えた。

今シーズン、公式戦10試合を終えたレスター。プレミアリーグでは8節終了時点で4勝4敗の10位、カラバオカップでは4回戦進出を果たしている。試合ごとに選手たちをパフォーマンスを採点する同メディアは、10試合終了現在の採点を平均化して、選手各々の活躍を評価した。

ここまでカップ戦の2試合に先発出場し、リーグ戦では途中出場のみでいまだに先発なしとなかなかチャンスをつかめないでいる岡崎慎司は「5.5」で、キャプテンのウェズ・モーガンと並んでチームワースト評価に。パフォーマンス自体は今まで通りだが、他選手が活躍していることでチャンスを得られていないと評している。

「(ジェームズ)マディソンの加入と(ケレチ)イヘアナチョの台頭で、オカザキはカラバオ・カップの2試合のみの先発に留まっている。それでも彼は今までと同じように、時折鋭いタッチと連係プレーを見せ、時々倒れている」

一方で、ポジション争いのライバルと目されるマディソンは、「6.8」と6試合以上に先発した選手の中で最高点に。その他ベン・チルウェルは「6.6」、ハリー・マグワイア、カスパー・シュマイケルが「6.4」、イヘアナチョが「6.3」、ジェイミー・ヴァーディが「6」となっている。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
サンチェスが練習欠席でCLユヴェントス戦欠場へ…モウリーニョ「練習場にいた選手が起用できる選手」
次の記事:
【原博実の超現場日記2018/第9回】日曜日はフクアリへ。「喜作のソーセージ盛り」は規格外!そして大分の攻撃は速い
次の記事:
柴崎岳はやはり構想外か…ヘタフェ番記者が分析「ほとんど戦力に数えられていない」
次の記事:
10連勝もさらに上へ…アーセナル指揮官エメリ「要求は非常に高い。もっとコントロールしないと」
次の記事:
C・ロナウドが語るスター選手としての自負「自分が模範であることはわかっている」
閉じる