岡崎慎司にガラタサライが興味…レスターが移籍容認なら1月には長友佑都と同僚に?

コメント()
Getty Images
レスターで出場機会を失いつつある岡崎慎司に対して、ガラタサライが関心を寄せているという。今季終了後にはフリーとなることもあり、1月の移籍は実現するのだろうか。

今季限りでレスターとの契約が切れる岡崎慎司に対し、ガラタサライが関心を寄せている。

トルコ『AMK』など、複数のトルコメディアが報じたところによると、ガラタサライのファティ・テリム監督はセカンドトップとして献身的な動きを見せる岡崎に対して興味を示しており、1月の移籍市場での獲得を目指しているという。

契約解除金も200万ユーロ(約2億6000万円)ほどで収まる見通しということもあり、ガラタサライ側は交渉に向けて前向きな姿勢を見せているようだ。

また、レスター側も岡崎との契約を2019年6月まで残しているが、契約満了でのフリー退団よりも移籍金の発生する冬での放出を容認する可能性が高いという。

今シーズンはここまでリーグ戦4試合、カップ戦2試合に出場している岡崎だが、クロード・ピュエル監督からの信頼を失いつつあり、スタメン起用から遠ざかっている状態だ。そんな中、レスター、そしてガラタサライは冬の移籍市場でどのような立ち回りを見せるのだろうか。2019年1月、岡崎と長友佑都がトルコで同僚になるというシナリオは、十分に現実味を帯びているようだ。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
“不協和音”響くアーセナルが宿敵チェルシーとの大一番へ…注目のエジル起用はあるのか?
次の記事:
モウリーニョの片腕ルイ・ファリアが中東レフウィヤSCで再出発…中島翔哉に関心との報道も
次の記事:
「トップ4のために負けられない」ダービーを前に、エメリが勝ち点3奪取を誓う
次の記事:
グアルディオラがマンチェスター・Cの補強方針について言及「中盤の選手3、4人を調査中」
次の記事:
元バルセロナのクエンカ、サガン鳥栖に正式加入…同胞F・トーレスと日本で同僚に
閉じる