審判員の「明らかな競技規則の適用ミス」が判明…名古屋vs奈良クラブが異例のPKやり直し

コメント()
第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦の名古屋グランパスvs奈良クラブのPKやり直しが発表された。

日本サッカー協会(JFA)は11日、6月6日にパロマ瑞穂スタジアムで行われた第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦の名古屋グランパスと奈良クラブの試合において、担当審判員による明らかな競技規則の適用ミスがあったことを発表。PKのやり直しが決定した。

今回の件でJFAは、同事案について国際サッカー評議会(IFAB)に確認し、11日に臨時で天皇杯実施委員会を開催。協議した結果、ペナルティーマークからのキック(PK方式)を一人目からやり直すことを決定した。

名古屋は前半アディショナルタイムにガブリエル・シャビエルのゴールで先制したものの、後半にV・ファーレン長崎などで在籍経験のある金久保彩に同点ゴールを決められ、延長戦へ。しかし、計30分の延長戦でも決着はつかず、PKにもつれ込んだ。結局、奈良クラブがこのPKを5-4で制し、J1勢を破る大金星を収めていた。

また、6日に行われた2回戦でPKとなったのは、名古屋vs奈良クラブのほかに、モンテディオ山形vsFC岐阜、ジェフユナイテッド千葉vsラインメール青森、松本山雅FCvsロアッソ熊本、アルビレックス新潟vs高知ユナイテッドSCの4試合だが、やり直しを発表したのはこの1試合のみだった。

なお、PKやり直しが行われる日程は現時点で発表されていない。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
「香川を獲得したときのように…」首位ドルトムントの夏の補強策を欧州メディア絶賛
次の記事:
インテル愛を強調するイカルディ、契約延長は「打診を受けたら嬉しいけど…」
次の記事:
「ザックは恩師」W杯覇者の元ブラジル代表DF、ザッケローニとの思い出を語る
次の記事:
共に歴史を作ってきた仲間。オリヴェイラvs大岩、白熱の師弟対決第ニ章
次の記事:
ローマのチェコ代表FWシック、過去にドルトムントからオファーがあったと明かす
閉じる