客観的に日本代表とサッカー界を見る長友佑都、自身の進化も見据える 「新しい長友佑都を…」

最終更新
コメント()
長友佑都がウルグアイ代表戦を振り返った。

ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都が、攻撃陣が躍動したウルグアイ代表戦を振り返った。

日本代表は16日、キリンチャレンジカップ2018でウルグアイ代表と激突。代表戦3試合連発となる南野拓実の2ゴールと大迫勇也、そして堂安律の代表初ゴールが生まれ、4-3でロシア・ワールドカップ8強入りのウルグアイに勝利した。

試合後、長友は躍動した前線の若手である堂安律、中島翔哉、南野拓実について、「あれ見ていて楽しかったですか?」と問いかけた後、「楽しかったでしょ。たぶん僕、もし代表に選ばれていなくても、試合に見に来たいなってくらい。そのくらい生き生きしたサッカーしていた。うまいし速いし、これ日本代表、面白くなるんじゃないですか」と客観的にコメント。続けて、以下のように“日本サッカー界”としても明るい話題であることを強調した。

「ワールドカップが終わって、やはりサッカー熱というか、1つのお祭りみたいな形ですぐ覚めてしまうんですよね。日本代表、またここから盛り上げていかなければいけないってなった時に、あの若い選手たちがこれだけ勢いを持っていると、今後また日本代表のサッカー熱、人気が続いていくのかなと(いう期待がある)。そういうところも含めて嬉しい」

「いちサッカー選手としての立場だけじゃなくて、監督の立場だったり、サッカー協会の会長さんの立場だったり、言ってみればファンの立場だったり、僕もそういう目線から今後の日本代表を見ていきたいなと思っています。客観的な部分で見ることができれば、またプレーや後輩たちとの接し方も変わってくるじゃないかと。客観的に見ていく力が自分自身、ほしいなと思います」

とはいえ、まだまだプレーヤーとしても上を見据える長友。今後については、「空中戦のところとか、1対1の部分とか伸びているんですよね。レベルアップしているし、経験とかいろんな駆け引きとか、もっとレベルアップした長友佑都ってものを見せられるんじゃないかって。そこは、どこで前に行って、どこで引いて守るのかっていうところもすごく今日は意識してやっていました。そういう新しい長友佑都っていうのを見せられるように頑張ります」とコメント。32歳ながらも進化を目指す男は“新しい長友佑都”を見せるために邁進する。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
ファン・ダイク「S・ラモスは世界最高のCBじゃない。彼のようなやり方は避けていきたい」
次の記事:
バルダーノ氏、S・ラモスの強心臓を称賛「彼は絶滅危惧種。まるで自分がフットボールを発明したようだ」
次の記事:
デンベレ、バルセロナの練習を欠席した理由はテレビゲームのし過ぎか
次の記事:
ベロン氏、古巣マンチェスター・Uについて…「ファーガソン以降、適切な監督見つけられていない」
次の記事:
大分6年ぶりのJ1昇格!キャプテン馬場「J1でも戦えると思っている」
閉じる