守護神変更は必要か?GK川島永嗣、初戦に続くミスを猛省「試合を難しくしてしまった」

コメント()
©Getty Images
コロンビア戦に続き、痛恨ミスで失点を許したGK川島永嗣。自身の判断ミスを猛省している。

「自分のミスで失点してしまったので、かなりゲームを難しくしてしまった」

GK川島永嗣がセネガルに許した先制点のシーンを振り返り、猛省した。

日本代表は、24日に行われたロシア・ワールドカップのグループH第2戦でセネガル代表と対戦。手に汗握る攻防戦は2-2のドロー決着に終わった。

日本は11分、原口元気が右サイドから放り込まれたクロスの対応を誤り、左サイドのユスフ・サバリにフリーでボールを渡してしまう。サバリが強烈なシュートを放つと、川島が痛恨のパンチングミス。詰めていたサディオ・マネに当たって先制点を献上した。

川島は、マネの先制点を許したシーンを振り返り、自戒の念を込めてミスを猛省した。

「立ち上がりのところで、自分のミスで失点してしまった。かなりゲームを難しくしてしまいました。最後はチームメートのおかげで引き分けに持ってこれたのは良かったと思いますけど」

コロンビア戦に続く判断ミスだった。川島は初戦でフリーキックの対応を誤り、コロンビアに先制点を許していたが、セネガル戦でもその判断ミスが浮き彫りとなった。失点シーンについて「前の選手が気になってしまった」と、パンチングを選択した判断について説明。しかし「自分が想像したようなプレーではなかった」と頭で考えるイメージに実際のプレーが追いつかなかった。

原口にクリアをするようにと声をかけた意図については、コーナーへのクリアではなく「前にというイメージだった」と川島。そのうえで「ゲーム中では起こり得ることなので」と原口のクリアミスを擁護した。

それでも日本は、乾貴士の芸術的なゴールで追いつくと、後半に再び勝ち越しゴールを許したものの、途中出場の本田圭佑が再び試合を振り出しに戻す値千金の同点弾を決めた。

川島は「前半のところでも、しっかり落ち着いて相手の出方をみて、自分たちもいい展開ができたていたと思う。2点目を取られてからも自分たちの勝ちに行こうという姿勢が見せられた」と振り返った。

痛恨のミスで先制弾を許した川島だったが「試合はまだまだ時間もあったし、そういう意味で頭の中を切り替えなければ、最後まで試合は分からないので切り替えないといけないと。気持ち自体は切り替えられた」と、引きずらずに最後まで持ち堪えた。

残すはグループリーグ最終節のポーランド戦。泣いても笑ってもすべてが決まる大一番は、計り知れないほどの重圧との戦いになる。3大会連続でゴールマウスを守る川島。チームを次のラウンドへ導く好守を見せるのか、守護神の威信を懸けた大きな戦いとなる。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる