宇佐美貴史が繰り返した意思疎通の重要性…ゴールは「個の力を表現できるかどうか」

コメント()
(C)Goal

日本代表10日、パラグアイとの親善試合を前にトレーニングを行った。終了後、宇佐美貴史がインタビューに応じた。

ロシア・ワールドカップ初戦まで10日を切る中、11日にパラグアイとの最後の親善試合に臨む日本代表。9日午後はオフとなり、食事に出かける選手も多かったが、宇佐美は「あえて何もしなかった」とし、宿舎で休養したという。

「室内でできることにこだわって、プールで回復したりとか、外に出ている選手もいましたけど、内でというか、室内で過ごすことにしました」

「(そのぶん、今日は居残り?)そうですね。時間もそんなに長くなかったし、疲労度もそんなになかったので、個人的には練習に全部参加したいくらいの勢いだったんですけど、それはストップということで。少しプラスアルファで、ボールも触っておきたかった」
西野朗監督と「シュートがなかったこと」について話し合ったという宇佐美は、パラグアイ戦ではフィニッシュに絡む動きにトライしていきたいと意気込んだ。

「この間の試合が個人的なプレーの内容として、可もなく不可もなくというか、サードに入るまでの流れを作っていくなかでシュートがなかったことが個人的には課題というか。1本、2本、3本くらいこっちを向いて出してくれていたらっていうシーンが何度かあって、そこをすり合わせていくことでシュートの数とか、振れる回数が出てくるかなって思いましたし、映像を見ながら合わせていくことで、プレーの幅、フィニッシュに入っていくまでのプレーが増えてくるかなって思う。そういうところをトライしていきたいなって思います」

「映像見ながらチーム内でミーティングするとき、だいたい時間もオーバーする。いろんな選手が意見を言いながら、いろんな意見交換を。いい意味で整理されないぐらい意見はどんどん出ている。そういうコミュニケーションはチーム全体で取れているので、それをプラスに変えていきたいですね」

■強調した意思疎通の重要性

先日のスイス戦では、相手右サイドバック(ステファン・リヒトシュタイナー)が攻撃だったこともあり、左サイドに入った宇佐美や長友佑都は難しい対応を迫られていた。その点に関し練習前に話し合っていたとし、全体の意思疎通が重要であると語った。

「練習前にまさに話していたんですけど、ボランチのひとりが下がって相手が3枚になったときに、どう守るのかっていうところで、この間の試合は圭佑くんと迫くんが縦の関係になっていたので、迫くんがすごく追う展開になっていました。僕も右SBの上がりを気にしながらプレーしないといけない状況のなか、右のセンターバックにアプローチを掛けに行くのか行かないのかっていうところのコミュニケーションというか。もちろん、僕も出ていければよかったですけど、なかなか勇気を持って出られる展開にはならなかった。どうしても相手の攻撃を受けて、守ってから出ていくっていう、出ていく距離も長かったですし、そういうところもミドルのゾーンというか、真ん中のゾーンでもっとコンパクトにチーム全体として守備が始まるような展開にできればよかったです」

「そういう展開のスイッチになるのは間違いなくサイドハーフのところで、そのサイドハーフがスイッチを入れやすくなるかならないかっていうところは前の選手に懸かっている。チーム全体として守備をしないとできないなっていうところは強く感じたし、守備の仕方をもう少し合わせて、どんな状況、どんな回し方で相手が来ても、即座に対応できるような守備が理想かなって思います。エリアの中でファールしてPKを取られたりとか、後半ラスト押し込んでちょっと間延びしたときにカウンターを食らってとか、2失点はしましたが、前半で我慢できていれば……タラレバを言うのもナンセンスですけど、前半で我慢して0-0で行けていればっていうところもある。もちろん、2試合連続で完封負けしているので、ネガティブなイメージが先行しがちですけど、僕らとしては、4失点中3つがセットプレーということで、抑えられた失点だよねっていうのが全員の中であると思う。攻撃面でもなかなかビッグチャンスはなかったですけど、そうなりそうな雰囲気のところまでは行けているので、あとはこの間の試合でも言いましたけど、誰が何をするのか、誰がどういうアイデアを出して、どう崩していくのかっていうところは僕らが担っていかないといけないと思う。ポジティブな要素もすごく多いし、もちろん変えていかないといけない部分の多いっていう感じかなって思います」

そして、アタッキングサードでは「個の力が重要になる」とし、スイス戦でシュートがなかったことについてはネガティブではないと話した。

「僕は、逆サイドクロスが入ってくるときは入って行きますけど、ニアで誰かが潰れるっていうことは絶対。そこにファーっていう選択肢があって、もちろんピンポイントで合えば得点にはなるでしょうけど、クロスっていうのはそれぐらいの可能性を秘めていると思うので、プラス2列目からどう入っていくか。僕も最後ブンデスリーガ2部の最終節で、後ろから入っていくとやっぱり相手のセンターバックの後ろでポジションが取りやすくなるし、ニアでもないファーでもないっていうボールがもし入ったときには、2列目から入ってくる選手がいたりするとすごくチャンスになるので、そういうアイデアというか、クロスから入ってくる、クロスを上げていくシーンの中で、そういうイメージも大事かなって思います。ニアに入っていく選手とファーに流れるよりか、わざとマイナスというか、センターバックと距離を取るような動き出しもあっていいと思うし、この間の試合では僕が左からクロスを上げるシーン、内に視野を取って、インスイングで上げていくようなシーンはなかなかなかったですけど、そういうシーンが生まれてくれば点で合わせる自信はある。なんにせよ、アタッキングサードでどういう個の力を表現できるかが得点になるかならないかが懸かっていると思います」

「僕としてはシュートを打つ気満々でしたし、全然シュートがなかったことに対してネガティブなことは感じていなくて、もう1本ここに来ればっていうシーンは何個かあったので、そこをどれだけ要求するか。(パスが)出てこなかったときに自分の選択肢としてあったよっていうコミュニケーションは取れているし、それがW杯の初戦に向けてどういう変化が生まれていくか。変化を起こして、出てくるように要求していかないと僕自身の良さはなかなか出せないと思いますし、要求に尽きると思います」

また、追いかける展開になったときのチームの意思統一が必要だとし、スイス戦で出た課題を埋めていくことが必要になるとしている。

「そこもまさに今日話したところです。具体的に何分から行こうという意思統一だとナンセンスだと思います。チームの状況、そのときの選手個々のコンディション、誰が途中から出てきたかにもよるんですけど、中でやっている選手が一番後ろから一番前まで全員が同じことを描いていないと。その部分でギャップがあったので、最後カウンターを食らったり間延びをするシーンがあって、前の選手は行きたいけど後ろはステイしてほしいっていうところがなかなかうまく行ってなかった。でも、そういう課題が出たこともポジティブだと思っていますし、そういう課題が出て失点をしたからこそ、やっぱり身にしみて感じたと思う。だから一番最後のほう、体力的にもきつくなってくるし、試合もアップダウンが激しい展開になっていくなかで、全員がコンパクトさを保った状態で行くなら行く、行かないなら行かないっていうところの意思統一が必要になる。そういう話も午前中に話して、それで映像を見て振り返るのは簡単ですし、映像を見てコミュニケーションを取って、次の試合でどういう形で出るかっていうことなので、一個一個出た課題を埋めていく、そして良かったことは残しながら伸ばして行く作業に集中していくしかないと思います」

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる