宇佐美貴史が感じたポジショニングの問題…「難しかった」ボックス内に入るタイミング

最終更新
コメント()
(C)Getty Images

ガーナ戦で先発したFW宇佐美貴史は課題と手応え、両方を感じていることを認めた。

「最初なので試行錯誤というか、トライしながらやっていく」と話し始めた宇佐美は、一つの可能性として「プレーしている中ではあのシステムの可能性と、しっかり形ができれば自分たちがイニシアチブを取って戦えるんじゃないか」と示した。

また、ポジショニングに関しては大迫勇也、本田圭佑が自由に動く中、宇佐美は外で受ける形が多くなり、シュートもミドルレンジからのものとなった。宇佐美は自由に動くことに関しては「駄目とは言われていない」としながら、ボックス内に入るタイミングには「難しかった」と話してこう続ける。

「相手のアンカーの脇で受けるところが難しかった。右サイドで(吉田)麻也君や(原口)元気君が受けて入ってくるかなというシーンはありましたけど、槙野(智章)君が持ってる時に(大島)僚太とかと被り気味になってしまうので難しかったですね。ちょっと外に逃げる様な状況になってしまったので。それでも佑都くんと崩せるかなと思ってワイドに開いてましたけど、それよりは真ん中でサコくんや圭佑君と絡みながら、佑都君には上がらせて1人でやらせるぐらいでもいいのかなと感じましたし、前半が終わったところでも監督に言われて、もっとインサイドに取るように言われましたね」

宇佐美自身、得意のシュートは2本ともGKの正面に収まり、「練習していくのみですねフィニッシュに関しては」と感覚を研ぎ澄ませる必要があることを強調する。「今日勝てなかったことは残念ですけど、どういう結果になろうがしっかり受け止めて進もうと思っています」と話して目線はロシア、その先を見据えていた。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
7季ぶりのCLベスト16進出にリヨンのエースと指揮官が歓喜「みんながヒーローだった」
次の記事:
リヴァプール守備陣に負傷者続出…過密日程を前に起用できるCBはファン・ダイクとロブレンのみ
次の記事:
『ウイニングイレブン2019』にJリーグ搭載!2018 Jリーグベストイレブン予想キャンペーンがスタート
次の記事:
東京五輪世代の19歳・安部裕葵がベストヤングプレーヤー賞に!鹿島から歴代最多4人目
次の記事:
アキレス腱断裂の主将コシールニーが7カ月ぶりに復帰へ…エメリ「先発で起用する」
閉じる