好調ミランに大打撃…主力ビリアがふくらはぎを負傷し、約4カ月の長期離脱へ

最終更新
コメント()
10月末のトレーニングでミランMFが負ったケガはかなり深刻だったようだ。

ミランのルーカス・ビリアが長期離脱を余儀なくされるようだ。クラブが8日に発表した。

10月31日のトレーニングで下腿を負傷したビリアは、その後に行われた延期分のジェノア戦とウディネーゼ戦を欠場。負傷までセリエAの全試合に出場し、上位をキープするミランに貢献していた同選手だが、このケガは予想以上に深刻だったようだ。

検査の結果、ビリアは手術の必要があると判断され、8日にフィンランドで外科的な治療を受けた模様。手術は無事に成功したが、再びピッチに立つまでに長期間を要するとミランは声明を出した。

「ルーカス・ビリアは先週水曜日に行われた午前のトレーニングでケガを負い、右ふくらはぎの内側筋腱移行部を損傷した。本日にフィンランドで受けたサカリ・オラヴァ教授が執刀した手術は成功した。完全に回復するまでには4カ月を要するだろう」

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
ナポリ会長、ユーヴェに負け惜しみ?「あの収入があれば私だって優勝10回できる」
次の記事:
マンチェスター・Cでもインビンシブルは無理?フェライニが宿敵を称賛も…
次の記事:
ローマSDモンチ氏、セリエA審判団のトップレベルの質に満足「心を奪われるほど」
次の記事:
天皇杯準決勝が12月5日、決勝は9日に変更…鹿島のクラブW杯出場で
次の記事:
鹿島が2大会ぶり天皇杯準決勝進出!苦しみながらも土居の決勝弾で甲府に完封勝ち
閉じる