大迫勇也が移籍後ブンデス初ゴール!見事な動き出しから冷静にGK破る

コメント()
(C)Getty Images

ブンデスリーガ第2節が9月1日に行われ、ヴェルダー・ブレーメンに所属する日本代表FWの大迫勇也がフランクフルト戦でゴールを決めた。

22分、大迫がネットを揺らす。DFラインの裏にパスを呼び込むと、見事な動き出しからGKとの一対一を制した。一度はオフサイドの判定となったが、ビデオ判定の結果ゴールが認められている。

なお大迫にとって、今季ブンデスリーガ初ゴールとなった。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
日本が参戦するコパ・アメリカのポット分けが発表…組み合わせ抽選会は24日に開催予定
次の記事:
アンデルレヒトがMFジュリを獲得…ライバル出現も森岡亮太は「残留希望」か
次の記事:
3戦を振り返る森保監督「僕が言ったことだけでなく」…メディアにもオープンな姿勢を求める
次の記事:
ヴァイグルを強く求めるPSG指揮官トゥヘル「依然として興味深い選手」
次の記事:
森保監督、次戦先発は「ギリギリまで悩む」。サウジへは警戒感示す「アジアでもトップクラス」
閉じる