大混戦のJ1残留争い。崖っぷちの柏と長崎は結果次第で16位以下が確定も

最終更新
コメント()
明治安田生命J1リーグはいよいよ残り3節。残留争いも佳境を迎えている。

▶無料視聴可能!大混戦のJリーグを観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

明治安田生命J1リーグは10日に第32節の8試合が開催。史上まれに見る大混戦となっている残留争いも今週末に大きく動く可能性がある。クラブの威信を懸けた壮絶な戦いを展望する。

■残留が確定していないクラブ(11月6日時点)

7位:清水エスパルス(44・6)
8位:セレッソ大阪(44・2)
9位:ガンバ大阪(42・-5)
10位:ベガルタ仙台(42・-7)
11位:ヴィッセル神戸(40・-8)
12位:ジュビロ磐田(40・-10)
13位:横浜F・マリノス(38・1)
14位:湘南ベルマーレ(37・-5)
15位:名古屋グランパス(37・-6)
―――残留―――
16位:サガン鳥栖(36・-6)参入PO出場
―――自動降格―――
17位:柏レイソル(33・-12)
18位:V・ファーレン長崎(29・-18)

※カッコ内は勝ち点と得失点差
※J2で町田が2位以内に入った場合、J1・16位は残留。17位が参入POに出場。

■柏は今節16位以下、長崎は17位以下が確定も…

31節を終えて残留が確定していないのは、7位・清水以下の12クラブ。7位・清水、8位・C大阪までは自動降格の可能性は消滅しているが、参入PO出場となる16位との勝ち点差は8のため、残留は確定していない。しかし、上記の3チームとも、今節勝てば無条件で残留が決まる。

9位・G大阪から15位・名古屋も今節勝てば17位・柏と7ポイント差以上がつくため、自動降格転落の可能性は消滅する。一方で、16位の鳥栖と勝ち点6差で肉薄しているため、まだ予断を許さない状況だ。

17位・柏は今節、16位以下が確定する可能性がある。柏は鹿島のACL決勝開催に伴い、第32節を6日にひと足早く消化し、2-3で敗戦。32試合を消化して勝ち点は33のままとなった。今節、13位・横浜FM、14位・湘南、15位・名古屋が揃って勝利すれば、その差は7ポイント以上に開くため、柏の16位以下が確定する。

18位・長崎、自動降格圏となる17位以下が決定する可能性がある。今節、横浜FMと対戦する長崎は、敗れると17位以下が確定。引き分けても16位・鳥栖がドロー以上に終われば、17位以下が決まってしまう。

長崎が勝利すれば、湘南、名古屋の結果次第で残留争いはさらに混戦模様となる。一方で湘南、名古屋、鳥栖の全チームが勝利した場合、長崎は勝利しても17位以下が確定する。

仮に自動降格圏の17位以下が確定しても、降格はまだ決定しない。現在J2で3位につけるFC町田ゼルビアがJ1クラブライセンスを保有していないため、仮にJ1自動昇格となる2位以内に入っても昇格ができない。その場合、J1・16位チームは残留となり、同17位チームは自動降格とならず、参入POを戦うことになる。

先が見えない今季のJ1残留争い。生き残るのは果たしてどのクラブか。注目の第32節は、10日に8試合が開催される。

■J1第32節 試合日程

11/6(火)
19:03 柏 2-3 鹿島(三協F柏)

11/10(土)
14:00 札幌vs浦和(札幌厚別)
14:00 FC東京vs磐田(味スタ)
14:00 清水vs名古屋(アイスタ)
14:00 C大阪vs川崎F(ヤンマー)
14:00 神戸vs鳥栖(ノエスタ)
14:00 広島vs仙台(Eスタ)
14:00 長崎vs横浜FM(トラスタ)
15:00 G大阪vs湘南(吹田S)

▶無料視聴可能!大混戦のJリーグを観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

C大阪vs川崎F戦を無料放送。J1第32節の試合日程・放送予定・見どころはこちらから!

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

↓気になる他会場の結果をいち早くチェック!!最速のゴール通知アプリ!

Goal-live-scores

次の記事:
クラブでウイングバックやサイドバックもこなした原口元気、森保ジャパンで特徴を生かしたい
次の記事:
リヴァプールに忠誠を誓うシャキリ、激しい定位置争いも「バイエルンで経験済み」と歓迎
次の記事:
トルコでも批判集中のカリウスをベジクタシュ会長が擁護…完全移籍での買い取りも示唆
次の記事:
「代表とクラブで良い循環ができている」。どこでも寝られるという南野、掛け持ちは「問題ない」
次の記事:
日本代表に感謝する堂安律…中島、南野との関係に「描いてる絵が3人とも同じ瞬間が多い」
閉じる