大島僚太が口にした初戦の重要性「チームとしてうまくいくように考えて行動する」

コメント()
(C)Getty Images

腰にケガを抱えている日本代表MF大島僚太は「少しは良くなっています」と話しながら、取材に応じた。

大島はここまでのワールドカップの試合を見ており、ポルトガルとスペインの一戦については「面白かったですね」と話しつつ、「雰囲気は正直分からないというか。歓声とかも含めたら全然違うと思う」と続ける。

大島にとっては初めてのワールドカップ。「まずはケガが早く治ってほしい」と語りつつ、初戦のコロンビア戦で勢いをつけたいとも語る。

「チームとして初戦に勝ち点を取れれば次につながると思います。そこに向けてのいろんなイメージ、プレーするイメージもそうですし、チームとしてうまくいくように考えて行動していきたいと思います」

西野朗監督就任後の日本代表では主力の一人にも数えられる大島。2年前のリオデジャネイロオリンピックと状況を重ねつつ、「なるべく強気にみんなでプレーをしていくことで、スタジアムの雰囲気も乗れたらなと思います」と意気込みを口にした。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる