大宮DF菊地光将が左足腓骨骨折で全治約3カ月…主将として今季全試合に出場

コメント()
©J.LEAGUE
大宮アルディージャがキャプテンのDF菊地光将の負傷離脱を発表した。

大宮アルディージャは29日、DF菊地光将が負傷離脱することを発表した。

菊地は27日に行われた明治安田生命J2リーグ第16節の栃木SC戦で負傷。左足腓骨骨折で全治まで約3カ月を要する見込みとなった。

現在6勝3分7敗で12位につける大宮。今季ここまで主将を務め、全試合に出場している菊地の離脱は痛手となりそうだ。大宮は次節、6月2日にホームでカマタマーレ讃岐と対戦する。

Goal_worldcup_article_banner

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
アザール、レアル・マドリー移籍を決心か…思いは強く契約延長を拒否と報道
次の記事:
関根貴大、シント=トロイデンで昨年9月以来の実戦に「徐々に進んでいく。ここからがスタート」
次の記事:
モラタ、アトレティコ入りに同意…移籍実現へ残る障壁は?
次の記事:
“不協和音”響くアーセナルが宿敵チェルシーとの大一番へ…注目のエジル起用はあるのか?
次の記事:
モウリーニョの片腕ルイ・ファリアが中東レフウィヤSCで再出発…中島翔哉に関心との報道も
閉じる