多彩なシステムを駆使するベティスだが…乾貴士は左サイドの絶対的主力か

コメント()
(C)Goal

2018−19シーズンよりベティスでプレーする日本代表MF乾貴士だが、スペイン・アンダルシアの名門クラブでもレギュラーを張ることになりそうだ。

4バックや5バックなど多彩なシステムを駆使するキケ・セティエン監督率いるベティスだが、乾は成功をつかんだエイバル同様に重用されそうである。スペイン『マルカ』は、プレシーズンを開始したベティスが今季使用するであろうシステムとして、4−2−3−1、5−4−1を挙げたが、そのどちらでも左サイドハーフとして「INUI」が起用されると予想した。

4−2−3−1の2列目には右からベティスの生ける伝説MFホアキン・サンチェス、今夏レアル・ソシエダから加わったMFセルヒオ・カナレス、そして乾が並び、5−4−1の2列目には右からカナレス、こちらも新加入のMFウィリアム・カルバーリョ、MFアンドレス・グアルダード、そして乾が配されている。

『マルカ』はヨーロッパリーグにも参加するベティスが「多彩な戦術とトップレベルの選手たちを擁し、要求の高い1シーズンに問題なく立ち向かえる」とも記載。乾はその「トップレベル」の選手たちにもれなく含まれているようで、その期待度がうかがえる。

Goal_worldcup_article_banner

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
リッピ・マジック炸裂!中国が逆転勝利で準々決勝へ…タイは一歩及ばず
次の記事:
マンチェスター・Cが公式戦6連勝! 直近4試合で22ゴール&無失点と絶好調/プレミアリーグ第23節
次の記事:
マルセロ、ソラーリのレアルでアンタッチャブルではなくなる…2試合連続ベンチ要員に
次の記事:
コケ、わずか27歳でアトレティコ400試合出場を達成…「ここであと400試合に出られたら」
次の記事:
森保ジャパン、サウジに勝利なら準々決勝でベトナムと激突! ヨルダンとのPK戦の死闘を制して8強
閉じる