「外れると思っていた」スペインで苦悩の井手口陽介、予想外の選出も生き残りへ闘志

コメント()
©Getty Images
久しぶりに代表選出となったMF井手口陽介。スペインでは苦悩続きだったボランチは今、何を思うのか?

日本代表は23日に、キリンチャレンジカップ2018のガーナ戦に向けた合宿3日目を迎えた。久しぶりに代表選出となったMF井手口陽介が、自身の現状について語った。

今冬にガンバ大阪から初の海外移籍として、スペイン2部のクルトゥラル・レオネサに加入した井手口だが、満足のいく出場機会を得ることができず、半年間で5試合のみの出場にとどまった。クラブでの出場機会激減の影響もあり、3月のベルギー遠征ではヴァイッド・ハリルホジッチ前監督は井手口を招集せず。昨年12月のE-1選手権を最後に代表から遠ざかっていた。

その現状は本人も自覚しているようで、今回のメンバー選考では「試合に出ていなかったので外れると思っていた」と、予想外の選出であったそうだ。

それでも「コンディショニングは整えてきたつもり」と自信を覗かせた井手口。スペインでは自ら率先して居残り練習もやっていたという。

「悔しい思いはしてきたので、まずそれを晴らす。ここからが勝負だと思うので、頑張りつつ、楽しめたら。折れずにやり続けることが一番です」

西野朗監督とは「そんなに深い話はしていない」としつつも、ロシア行きの最終メンバーに名を連ねるために、猛アピールが必要となる。

井手口は「まずはしっかり試合に出れるようにこの1週間の練習でアピールしていかなきゃいけない。練習から自分の良さを出していければいいと思います」と、30日のガーナ戦に向けて練習から見せ場を作っていくことを誓っていた。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる