ニュース ライブスコア
親善試合

堂安律、ムバッペにもライバル心「今は負けていたとしてもいつか追い越す」

20:57 JST 2018/10/09
2018-09-15 Doan Ritsu Japan
若手のバロンドールにノミネートした堂安。

飽くなき向上心を持つ日本代表MF堂安律は、まだまだ上を見続けている。

先日、“U-21バロンドール”である「コパ賞」の候補者10名に選出された堂安。「びっくりしました」としつつ、受賞自体はキリアン・ムバッペだと見ており、「誰もがあの賞をあの選手が取るというのがわかっている」と話す。一方で、そのムバッペと肩を並べられるような存在を目指すと力を込める。

「サッカーを自分がやっている中で、いつかは『堂安が勝つんじゃないか』って思われるくらいのレベルまで行きたいなと思いますし、今は負けていたとしてもこれからどんどん追い越していきたいなと思います」

一方で、所属するフローニンゲンは勝利から遠ざかっており、堂安も「難しい状況」と認める。それだけに、日本代表でいい勢いをクラブにも持ち帰りたいと話す。

「フローニンゲンが勝ててないってこともあって、勝ちたいって思いは強いです。チームは違いますけど、団結して、勝利したいって気持ちの方がゴールよりも強いです。いい時ばかりじゃないですし、昨シーズンはいいシーズンを過ごせた中で、悪い時もあると思うし、そういうのをいかに短く、自分がいい時を迎えられるかというのがあると思うし、チームの調子の悪さを自分が変えてやるっていうのはあるので、そのために今回まずしっかりしたプレーをして、チームに戻りたいと思っています」

前回同様、中島翔哉や南野拓実とはコンビネーションがあり、「日本でサッカーするのはやっぱ楽しいですね」と満足げ。世界でもトップクラスの若手として違いを見せつけられるのか注目だ。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ