ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

堂安律は“日本のロッベン”…マンチェスター・Cからのオファーに欧州メディアも注目

8:07 JST 2018/04/27
2017-09-25-ristu-doan
フローニンゲン堂安律にマンチェスター・Cが共同保有のオファーを送っていたことが明らかになった。この動きを受けて、現地メディアは堂安について「日本のロッベン」という内容で伝えた。

フローニンゲンの堂安律はエールディヴィジ挑戦1年目から結果を残し、同チームへの完全移籍を勝ち取った。その一方で、マンチェスター・シティからも関心を寄せられていたことが明らかになり、堂安への関心度は現地ヨーロッパでも高いようだ。ベルギーメディア『nieuwsblad』は「マンチェスター・Cは”日本のロッベン”に視線を送っていた」という見出しで、堂安の特集記事を展開している。

記事では「フローニンゲンはマンチェスター・Cによる堂安へのオファーを拒否した。この日本人MFはヨーロッパ初挑戦ながら27試合8ゴールの成績を残し、フローニンゲン側はレンタル元のガンバ大阪から買い取りを決断した」と伝えた。

「フローニンゲンにとってそれは大きな投資となったが、同チームはマンチェスター・Cから資金を肩代わりしての共同保有という打診も受けていたが、それを断っている」

また、フローニンゲン幹部ロン・ヤンスの言葉「シティからの打診はありがたい内容だったが、それを私達は自分たちだけでできると判断した。堂安はオランダでうまくやっていると思う。彼は短期間でチームに順応したし、異なるサッカー文化に適応することは簡単なことではないからね」を紹介し、堂安がフローニンゲンにとって欠かせない存在になっていると強調した。

ロッベンは00-01、01-02シーズンと2年間フローニンゲンでプレーし、同チームでリーグ戦合計8ゴールの成績を残した。今季、フローニンゲンで堂安はすでに8ゴールを記録。堂安、ロッベンともにレフティーであり、若くしてフローニンゲンで結果を残した共通項から、現地メディアは堂安について“日本のロッベン”というキャッチコピーで報じている。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ