堂安、小林の日本人対決はドロー…両者ともにフル出場で存在感

コメント()
Getty Images
両チームに多くのチャンスがあったものの、勝ち越し点は生まれず。

エールディヴィジ第30節が8日に行われ、ヘーレンフェーンとフローニンゲンが対戦した。

小林祐希と堂安律がそろって先発し、日本人対決が実現。先手を取ったのはホームのヘーレンフェーンだった。31分、スローインの流れからミチェル・ブラップが左足でゴール右隅に流し込み、先制点を奪う。

右サイドのアタッカーでスタートした堂安は中央に入ってきてゲームメイク。決定的なスルーパスでチャンスを演出した。

他方、小林は中盤やや右でバランスを取りながら、安定感のあるプレーを見せ、直接FKでゴールを脅かして存在感を発揮した。

後半、フローニンゲンは左サイドからのクロスにフリーでトム・ファン・ヴェールトが合わせ、同点に追いつく。

その後は両チーム多くのチャンスをつかむが、GKの好守でスコアは動かず。小林、堂安ともにフル出場となったが、決着はつかず1-1で終了している。小林にとっては2月3日に行われたトゥウェンテ戦以来となる久々のフル出場だった。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる