名古屋が9試合ぶりの勝ち点獲得…C大阪は清武負傷で痛いドロー/J1第12節

コメント()
©J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第12節が2日に開催。8連敗中の名古屋グランパスはホームでセレッソ大阪と対戦した。

2日に行われた明治安田生命J1リーグ第12節で名古屋グランパスとセレッソ大阪が対戦。試合は0-0のスコアレスドローに終わった。

2試合無敗で名古屋のホーム、パロマ瑞穂スタジアムに乗り込んだC大阪だったが、前半にアクシデントが襲う。先発出場した清武弘嗣が、21分過ぎに左足を抑えながらピッチに倒れ込む。そのまま山村和也との交代を余儀なくされた。3試合連続で出場していた司令塔が早々とピッチを去った。

34分、相手のトラップミスを奪い、カウンターを仕掛けたC大阪は、松田陸のクロスから最後はヤン・ドンヒョンが頭で合わせたが、決めることができない。C大阪は長身のヤン・ドンヒョンのポストプレーから決定機をうかがっていく。

一方の名古屋は、現在8連敗中と長いトンネルから抜け出せないでいる。10番のガブリエル・シャビエルがセットプレーからチャンスを演出するもゴールにつながらず。

C大阪は64分にFKから丸橋祐介が左足で直接狙ったが、これはGKランゲラックの攻守に阻まれてしまう。

試合終了間際にも、C大阪は丸橋のパスに抜け出したヤン・ドンヒョンがゴールを狙ったが、これもGKランゲラックがセーブ。結局最後までゴールを奪うことができず、0-0のスコアレスドローに終わった。

■試合結果
名古屋グランパス 0-0 セレッソ大阪

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
「練習どおり」。冨安の決勝弾をCKからアシストした柴崎岳、チームの成長に手ごたえ
次の記事:
主将の吉田麻也、殊勲の決勝弾を挙げた冨安健洋を称賛「正直、彼に驚いた」
次の記事:
「後ろは我慢して…」フル出場の遠藤航、プレッシャーも力に変えてベトナム戦へ
次の記事:
殊勲の決勝点挙げた冨安健洋「ゴールよりも無失点のほうがこだわり強い」
次の記事:
森保監督、サウジ相手の苦戦は覚悟も…選手を称賛「最後まで粘り強く戦い抜いてくれた」
閉じる