吉田麻也が最高点獲得で英メディアのMOMに!ルカクを90分間抑えたことを評価

コメント()
Getty Images
1ゴールの乾貴士をはじめ先発した選手は高く評価された。

日本代表DFの吉田麻也はイギリス『スカイスポーツ』で、2-3で敗れたベルギー代表戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれた。

2日に行われたワールドカップの決勝トーナメント1回戦で日本代表はベルギー代表と対戦。前半は0-0で終えるも、後半に試合は一気に動く。48分に原口元気が先制に成功すると、52分に乾貴士が得点を奪って、日本代表に2点のリードをもたらす。しかし、その後ベルギー代表に反撃を許し、日本代表は惜しくも2-3で敗れてベスト16で姿を消した。

『スカイスポーツ』は、最後の最後で敗れた日本代表について「ベスト8進出に向けて日本は戦ったが、その勇敢な努力は無駄に終わってしまった」と結果には結びつかなかったものの、豊富なタレントを誇るベルギー代表相手への健闘を称えた。

そして、試合後の採点でMOMに輝いたのは吉田麻也。両チームを通じて最高点となる8点を獲得した。同メディアは日本代表DFについて「(ロメル)ルカクを90分にわたり抑えたヨシダは、日本の粘り強い精神を象徴するプレーを見せた」と評価。

「サウザンプトンで活躍する同選手はプレミアリーグでは大型ストライカーを得意としていたわけではないが、ルカクが苦戦したのはヨシダがスペースを与えるのを拒んだからだ。これは本当に卓越したパフォーマンスだった。しかし、彼の努力はむなしく、ベルギーの勝利で終わってしまった」

その他、1ゴールを挙げた乾貴士にも8点、先発した残り9選手に7点と勝利したベルギー代表を凌ぐ高評価を受けた。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
勝ち越しミドルの塩谷司「自信になる」…ボランチを組んだ青山敏弘らの声掛けに感謝
次の記事:
青山敏弘、広島時代に共闘した塩谷司のスーパー弾に「彼はあれが普通。だが、大舞台で出せるのは凄い」
次の記事:
武藤の同点弾をアシストした今大会初出場の室屋、「ここで負けるわけにはいかなかった」
次の記事:
価値ある同点弾挙げた武藤嘉紀「目標は優勝。相手を一つ一つ粉砕する」
次の記事:
先発10人変更も…森保監督、ウズベク戦のメンバーを称賛「結果で示してくれた」
閉じる