“危険なスコア”からドローで4位もサポーターは拍手…ACLへの希望を捨てない札幌ミシャ「鹿島が…」

コメント()
(C)J.LEAGUE

明治安田生命J1リーグ最終節が1日に開催され、北海道コンサドーレ札幌は、サンフレッチェ広島と2-2で引き分けた。試合後、札幌のミハイロ・ペトロヴィッチ監督がコメントを残した。

勝ち点2差で追う2位のサンフレッチェ広島に勝利すれば自力でのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を獲得できる札幌。3分にチャナティップ、21分にジェイがゴールを記録して早々に2点をリードしたが、その後にやや守備的になると、39分に失点。さらに後半、51分に同点に追いつかれ、そのまま引き分けた。

この結果、札幌は4位でACL出場権獲得を逃した。試合後、ペトロヴィッチ監督は、「非常に良い形で試合に入れて2-0とリードできましたが、その後に若干、選手たちが守りに入った印象。その中で相手に1点を返された」とコメント。さらに、「2-0から2-1というのはサッカーにおいて危険なスコアです。後半に入って2-2に追いつかれてからは、3点目を取るべく選手たちは全力を尽くして戦ってくれた。だが残念なことは3点目は取れなかった。非常に残念な試合になりました」と、一歩及ばなかったことに悔しさをにじませた。

それでも、札幌ドームに訪れた多くのサポーターからは拍手でシーズンの戦いぶりを称賛された。天皇杯で、リーグ3位の鹿島アントラーズが優勝すれば、4位の札幌が繰り上がりにACL出場権を手にすることができる。

ぺトロヴィッチ監督は、「シーズンを通してサポーターはチームを後押ししてくれた。今日も多くの方が我々を後押ししてくれた。非常に感謝しています」とサポーターへの感謝を示し、「4位で終えましたけど、大きな順位だと私は思っています。鹿島が天皇杯で優勝すれば我々は4位でACLに行けるチャンスがあります。希望は捨てずに結果を待ちたいです」と、前を見据えていた。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる