【動画】F・トーレスが巧みなヘッドでリーグ2発目! 仙台に競り勝った監督交代の鳥栖が4試合ぶりの白星/J1リーグ第30節

最終更新
コメント()
明治安田生命J1リーグ第30節のベガルタ仙台対サガン鳥栖が行われた。

明治安田生命J1リーグ第30節のベガルタ仙台対サガン鳥栖がユアテックスタジアム仙台で開催された。

ここまで12勝6分け11敗で7位の仙台と、同7勝9分け13敗で17位と苦しみ、フィッカデンティ監督から金明輝コーチに指揮官を交代した鳥栖が激突。ゴールレスのまま推移した試合が動いたのは、38分だった。三丸が蹴った右CKはクリアされるも、こぼれ球に高橋義が反応。正面から右足で放ったシュートが突き刺さり、鳥栖が先制した。

さらにこれで勢いづいた鳥栖は、ゴールを欲していた男が決める。39分、左サイドから小野が入れたクロスにニアサイドのF・トーレスが巧みに頭で合わせてゴール。F・トーレスの6試合ぶりとなるリーグ戦2ゴール目が生まれ、鳥栖がリードを広げた。

しかし、仙台もここから反撃。すると42分、バイタルエリアでドリブルを仕掛けた阿部がボックス内で高橋義に倒されてPKを獲得。キッカーの野津田がゴール右下にしっかりと決めて、仙台が1点を返した。

迎えた後半も白熱の展開となる。ビハインドを背負う仙台は、58分に追いつくことに成功した。ボックス右手前でFKを獲得すると、キッカーの梁勇基がゴール前に好ボールを供給。正面に飛び込んだ石原が滑り込みながら合わせたシュートが決まり、仙台がスコアをタイに戻した。

しかし、78分には鳥栖が再び突き放す。右サイドでFKを獲得すると、キッカーの安在がインスウィングの好ボールを入れる。これに正面で合わせたオマリがヘディングシュートを突き刺して、鳥栖がスコアを3-2とした。

その後、40分過ぎには雷雨の影響により試合が一時中断する。約45分後に再開された試合は、88分に鳥栖にチャンス。バイタルエリアから金崎が直接FKをゴール左上に飛ばすも、GKシュミット・ダニエルに触られたシュートはバーに直撃した。

その後、仙台は同点弾を狙うも、そのまま鳥栖が逃げ切ることに成功。監督交代の鳥栖が4試合ぶりの白星を手にした。一方の仙台は4戦未勝利となっている。

■試合結果
ベガルタ仙台 2-3 サガン鳥栖 

■得点者
仙台:野津田岳人(42分)、石原直樹(58分)
鳥栖:高橋義希(38分)、F・トーレス(39分)、オマリ(78分)

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
メンディ、左膝を手術も経過は順調…マンチェスターダービーで違和感覚え
次の記事:
代表最終戦のルーニーが10番&キャプテンマーク着用へ…サウスゲートが明かす
次の記事:
香川真司、「唯一の解決策」は?独誌がドルトムントで苦境に立つ日本人MFを特集
次の記事:
酒井高徳が感じる2部の戦いの違いは?「確かに慣れるために何試合か必要だったが…」
次の記事:
代表GK権田、盟友と憧れの大先輩の引退に「残されたものが悔いのないように」
閉じる