ニュース ライブスコア
明治安田生命J1リーグ

【動画】3発快勝の長崎が連敗を3でストップ!名古屋は12戦未勝利の危機的状況/J1第14節

15:57 JST 2018/05/12
nagasaki.jpg
明治安田生命J1リーグ第14節が12日に開催。トランスコスモススタジアム長崎ではV・ファーレン長崎と名古屋グランパスが対戦した。

12日に明治安田生命J1リーグ第14節が行われ、V・ファーレン長崎がホームで名古屋グランパスに3-0で快勝。連敗を3でストップした。

3連敗中の長崎と11試合未勝利が続く名古屋の昇格組対決は、序盤にいきなり試合が動いた。

長崎は3分、3試合ぶりに先発出場したファンマが右サイドからグラウンダーのクロスを送ると、これを中村慶太が合わせて先制に成功する。ファンマと中村の2トップで幸先よく先取点を奪った長崎は、29分にファンマ、32分にもそのファンマのスルーパスから澤田崇がビッグチャンスを迎える。しかし、いずれもオーストラリア代表GKランゲラックのスーパーセーブに阻まれてしまう。

2トップが豊富な運動量を駆使して、前線からのプレスを強めて名古屋に自由なボール回しを阻止。ホームで理想的なゲーム運びをする長崎が1点をリードして前半を折り返した。

後半に入っても序盤に主導権を握ったのはホームの長崎だった。敵陣でファンマがボールを奪取すると、PA手前までドリブルで突破。ファンマのラストパスを受けた中村がグラウンダーのシュートを叩き込んで長崎が待望の追加点を奪った。

追いかける名古屋は後半頭から、秋山陽介に代えて17歳の菅原由勢を投入。システムを大幅に変更。サイドから突破を図り流れを引き寄せようとするも、前線のガブリエル・シャビエル、ジョーに効果的なボールが行き渡らない。

一方、2点リードを奪った長崎は、ファンマに代えて鈴木武蔵を投入。すると76分、翁長聖にクロスにその鈴木が頭で合わせて長崎が3点目を獲得。連敗ストップに向けて大きな1点を追加した。

名古屋は直後に榎本大輝がドリブル突破からシュートを放ったものの、これは枠外に。79分には和泉竜司の強烈なシュートがクロスバーに嫌われ反撃の1点を奪うことができない。

結局、その後のスコアに動きはなく。ホームの長崎が名古屋を3-0で破り、連敗を3でストップ。今季5勝目をマークした。一方の名古屋は、ここ2試合で引き分けていたものの、同じ昇格組の長崎に完敗。12試合勝利なしで最下位を脱出できないでいる。

■試合結果
V・ファーレン長崎 3-0 名古屋グランパス

■得点者
長崎:中村慶太(3分、49分)鈴木武蔵(76分)
名古屋:なし

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ