ニュース ライブスコア
明治安田生命J1リーグ

【動画】ポドルスキ不在も神戸が5戦ぶり勝利…磐田は4戦ぶり黒星/J1第14節

15:56 JST 2018/05/12
2018-05-12-kobe-Kazuma WATANABE-WELLINGTON
ヴィッセル神戸がジュビロ磐田を下した。

■J1第14節 磐田 0-2 神戸

磐田:なし
神戸:渡邉(10分)、ウェリントン(25分)

明治安田生命J1リーグ第14節が12日に行われ、ヤマハスタジアムではジュビロ磐田とヴィッセル神戸が対戦した。磐田はGKカミンスキーがベンチ外となり、登録メンバー18人が全て日本人という構成。神戸は負傷により、ルーカス・ポドルスキが不在となった。

神戸は10分、右CKからゴール前に混戦を作り出す。最後はFW渡邉千真が押し込み、神戸が先制する。渡邉は今季2点目。さらに25分、神戸は右サイドからFW大槻周平がクロス。これにFWウェリントンが頭で合わせ、追加点を奪う。ウェリントンも今季2点目。

磐田の名波浩監督は後半開始からMF山田大記と交代でFW小川航基を投入。川又堅碁と2トップを形成する。さらに59分、MF宮崎智彦を下げてMF荒木大吾を送り出す。76分、疲れの見えるMF山本康裕を下げ、MF上原力也を投入する。

磐田は後半、何度も神戸ゴールに迫るが、GKキム・スンギュやDFチョン・ウヨンらの好守に阻まれる。試合は2-0で神戸が勝利。神戸の勝利は5試合ぶりで、磐田の連勝は2でストップ。4試合ぶりの黒星となった。

磐田の次戦は16日、アウェイでJリーグYBCルヴァンカップ・グループステージ第6節のヴァンフォーレ甲府戦に臨む。対する神戸は同日、ホームでサガン鳥栖と対戦する。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ