初戦敗れたドイツ、スウェーデンは“お得意様”?【データで見るロシアW杯対戦カード】

コメント()
(C)Getty Images
ロシア・ワールドカップは23日にグループF第2節が行われ、ドイツとスウェーデンが対戦する。

ロシア・ワールドカップは23日にグループF第2節が行われ、ドイツとスウェーデンが対戦する。

重要な初戦を前にデータで両チームの情報をチェック。以下はデータサイト『Opta』による両チームの情報となっている。

■ドイツは、過去11試合スウェーデンに負けていない(6勝5分)。最後にスウェーデンが勝ったのは、40年前の1978年4月まで遡る(3-1)。

■両チームの過去2対戦では、合計16ゴール生まれている(2012年10月の4-4のドロー、2014年のW杯欧州予選の5-3でドイツが勝利した試合)。

■W杯両者の対戦は、過去4試合。ドイツがスウェーデンに3勝(1934年、1974年、2006
年)している。スウェーデンが勝利したのは、自国開催となった1958年大会だけである。

■スウェーデンが公式戦でドイツを破ったのは、1958年のW杯のみ(残り11試合は3分8敗)。勝った11試合は、全て親善試合である。

■ドイツがW杯初戦で敗れたのは、今回が2回目。1982年大会でアルジェリアに敗れた際には、決勝進出を果たしている。

■スウェーデンは、W杯で過去2回前回大会優勝チームと対戦し、2試合とも勝利を収めている(1950年大会でのイタリア戦と、1958年大会のドイツ戦)。

■1958年大会以来、ドイツ・チームが同じW杯で2試合連続負けを記したことは無いが
、1958年の負け試合とは、対スウェーデンの準決勝、そして3位決定戦の対フランス
だった。

■初戦で韓国に勝利したスウェーデン。これは開催国だった1958年大会でメキシコを3-0で破って以来の初戦勝利である。また、W杯での連勝は決勝まで進出した1958年大会以来無い。

■スウェーデンの韓国戦でのゴールは、3月の対チリ戦でオラ・トイヴォネンが得点して以来、国際試合では402分ぶりの得点である。

■ドイツのトーマス・ミュラーは、W杯にて枠なシュート14本で10ゴール。しかし、敗れたメキシコ戦では一度もシュート出来なかった唯一のドイツ人MFであり、W杯239分間シュートがない。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる