元イングランド代表2選手がダビド・ルイスを糾弾 「一匹狼のよう」「また昔の彼に戻った」

コメント()
(C)Getty Images

元イングランド代表MFスティーブ・マクマナマン氏と同代表DFリオ・ファーディナンド氏が、チェルシーに所属するDFダビド・ルイスに対して辛口コメントを残した。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。

チェルシーは24日、プレミアリーグ第13節でトッテナムとのアウェー戦に臨んだ。この試合、立ち上がりからトッテナムに押されたチェルシーは、8分にデレ・アリ、16分にはハリー・ケインにゴールを割られる。さらに後半、ソン・フンミンに見事な独走弾を許すと、オリヴィエ・ジルーが終盤に1点を返すのが精いっぱいで、1-3で敗戦。今季リーグ戦初黒星となった。

この試合、『BT Sport』で解説を務めたマクマナマン氏は、「今日のダビド・ルイスは守備ができていなかった。昔の彼に戻ってしまったようだった」と語り、今季ここまで好調だったD・ルイスらしくないパフォーマンスだったと主張。さらに、3失点目の場面では軽率な対応でソン・フンミンに独走を許したことについて、「ソンへのチャレンジは、申し訳ないけど酷かった。まだ焦る場面ではなかった」と厳しく評価した。

また、現役時代に世界屈指のセンターバックだったリオ・ファーディナンド氏は、「ボールを持っている時の彼はファンタスティックだ。チームのためにボールを運ぶことができる」とD・ルイスのビルドアップ能力を評価した一方で、「時々、彼は一匹狼のようになる。最終ラインを置いてけぼりにすることがあるね。今現在、それは問題になっていると思う。(コンビを組む)リュディガーのような有望な若手センターバックは影響を受けてしまうかもしれない」と、時折見せるリスキーなチャレンジを減らすべきだとの見解を示した。

チェルシーは今後、29日にPAOK(ヨーロッパリーグ・グループL第5節)、12月2日にフラム(プレミアリーグ第14節)をそれぞれホームに迎える。今季初黒星から悪い流れとせずに再び白星を積み重ねていくことができるだろうか。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
3試合で22人がプレーした森保ジャパン。ウズベク戦サブ組起用の意義
次の記事:
指揮官カランカ解任のノッティンガム・フォレスト、後任監督にオニールを招へい
次の記事:
GKカシージャ、レアルで出番がなく自由移籍でリーズへ移籍…契約は2023年までの4年半
次の記事:
元マンチェスター・U監督モウリーニョ氏、早急な復帰を否定も「まだ56歳。これからも指導したい」
次の記事:
遠藤航、塩谷司のミドル一閃に「(青山敏弘を含め)ボランチは良い選手がいるので刺激になった」
閉じる